金沢の美味しいお店「小松弥助」/北陸新幹線&里山十帖の旅⑥

「金沢」/北陸新幹線&里山十帖の旅⑥

里山十帖は北陸新幹線「上越妙高」駅利用も可能。チーフ・フードクリエイター、北崎裕は金沢出身。ということで金沢の美味しいお店をご紹介しています。
5軒目は「小松弥助」。「金沢に行ったらすしを食べたい!」という人も多いでしょうが、「まずはこの店に行かないと!」という定番中の定番です。店主の森田一夫さんは昭和6年生まれの御年83歳。今でもカウンターに立ち、訪れる全員にすしを握ります。やりいかの糸づくり、甘エビや煮ハマ、炙りトロなど、名 物もたくさん。基本は江戸前ずしなのですが、江戸前の名店とはまた違った「小松弥助流」の技と魚で訪れる人を魅了します。予算はおおよそ1万円〜。内容と 質を考えたら誰もが「納得!」でしょう。
店があるのは金沢の中心地、片町から少し入ったアパホテルの1階。営業は昼のみで完全予約制。席数も少ないので早めの予約は必須です!

【金沢&里山十帖 2泊3日、美味しいもの食べ尽くしベストプラン】
7:20 かがやき503号 東京駅発
9:54 金沢駅着 ひがし茶屋街を散策。
12:00 すしの名店「小松弥助」でちょっと豪華なランチ(要予約)。
14:00 兼六園や21世紀美術館を見学。
18:00 「つる幸」で夕食。
21:00 片町や木倉町の路地裏バーで一杯。
金沢泊
11:32 はくたか562号 金沢駅発
12:36 上越妙高駅着 レンタカーを借りて里山十帖へ。
13:00 在来種蕎麦の「こそば亭」で昼食。
14:00 こそば亭出発。桜の名所「高田城」などを経て里山十帖へ。
15:30 里山十帖着
絶景露天風呂に浸かってゆったり。
11:00 里山十帖チェックアウト
11:30 古民家の食事処「欅苑」でちょっと贅沢な昼食。
そのほか昼食スポットはたくさんあるのでご紹介します。
15:30 たっぷり遊んで上越新幹線越後湯沢駅でレンタカー返却。
15:56 MAXとき330号 越後湯沢発
17:20 東京駅着。

「金沢」/北陸新幹線&里山十帖の旅⑥

「金沢」/北陸新幹線&里山十帖の旅⑥

「金沢」/北陸新幹線&里山十帖の旅⑥

「金沢」/北陸新幹線&里山十帖の旅⑥

「金沢」/北陸新幹線&里山十帖の旅⑥

2015-03-06 | Posted in area guide 

関連記事