【なかひがし&里山十帖 イベントのご報告・3】

01
4月24日に行われた、京都「草喰なかひがし」の中東久雄さんを迎えての山菜採り&夕食会。最後に当日の献立をご紹介します。当日は宿泊、日帰りのお客様あわせて40名に食事を楽しんでいただきました。

自分で摘んだ山菜が食膳に上るたびに、「あ〜、これ採った!」「こんな料理になるんだ!」と、会場のあちこちから歓声が。
中東さんの素材の組み合わせは本当に絶妙。山菜の新しい可能性を皆さんに感じていたけたようです。
そして合わせたお酒は「Beau Paysage(ボー・ペイサージュ)」&新潟のワイン&日本酒。どれも貴重なお酒ばかりですが、ボー・ペイサージュはこの日だけ。参加されたお客様からは「ずいぶんお得な会だわ」「プライスレスってこういうことね!」といったお言葉を頂戴しました。

私たちにとっては、本当に嬉しいコメント。お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました!

「野に遊ぶ」             
日時 2017年4月24日
於  里山十帖

食前に イタヤカエデの樹液

先附 「蕗の薹〜残雪〜 花芽の素揚げを添えて」
土…原木椎茸 氷…こんにゃく 残雪…豆腐に見立てて

汁  「白味噌仕立て」
雪室貯蔵の手芋羹 アマドコロ 溶き辛子

お造り「残雪の池の畔の草々」
鯉細造り ポン酢ムース
甘草 あずきな オランダからし 蒲公英 浅葱 すみれ 他

お凌ぎ 「野遊びすし」
とう菜 コゴメ 山独活 錦糸玉子 塩引鮭の飯鮓

八寸 「里山の四季」
保存食でたどる里山の四季

焼物 「桜鱒と酸葉」
桜鱒の油焼き 酸葉ソース  甘草

煮物 「ぜんまい一本煮」
豆ひろうす モミジガサ

宴肴  「豚肉〜野に遊ぶ」
妻有ポークのグリル 野蒜添え
シシウドとさかすけのソース

南魚沼産こしひかり 香の物 味噌汁

甘味  「酒粕アイスと柑橘 ハニかむ」
「水出しコーヒーとお茶請け」
蘇 こんぺいとう ふき菓子

【次回イベントのお知らせ】
6月3日は「早苗饗(さなぶり) in 里山十帖」。田植えの後の本当の早苗饗をお楽しみいただきます。当日の宿泊は満室ですが、日帰り参加も受け付けています。日帰り枠にはまだ余裕がありますので、よろしければご参加ください。
https://www.facebook.com/events/1777465752571898/

6月23日はフードディレクター川上ミホさんとのコラボレーションディナー。今回の中東さんのイベント同様、名残の山菜を採りに山へ出かけ、川上ミホさんと里山十帖の北崎の料理をお楽しみいただきます。こちらは残2室です。日帰り枠にはまだ余裕があります。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/planlist.asp…

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

2017-05-01 | Posted in event 

関連記事