季節の恵みを巡る旅・保存と発酵

0225-2_01

四品目の料理は「季節の恵みを巡る旅・保存と発酵」。里山十帖では山菜や野菜を塩蔵したり、乾物にしたり、漬物にしたり、様々な方法で保存しています。そんな自家製素材とニシン、塩引鮭を合わせて、八寸に盛り込みました。

周囲には2メートル以上の雪があるのに、食膳を賑わす山菜や野菜。ここ雪国の冬は、何もないように見えて実は豊か。世界でも極めて稀な保存食、発酵食の文化が息づいているのです。

量は少しずつですが、一つ一つ、私たちが収穫して保存したものばかり。収穫された季節に思いを馳せながら、そして昔の人々の苦労を偲んで、食べていただけると嬉しいです。

ちなみに日本酒に合うのはもちろん、自然派ワインにもぴったりな一皿。里山十帖では自然派ワインも多数揃えています。ぜひ日本酒&自然派ワインとともに料理をお楽しみください。

【里山十帖 空室情報】
今週の平日にはそれぞれ1〜3室の空室があります。ぜひ春の空気を感じつつある里山十帖にお越しください。
https://goo.gl/b8eepD

2018-02-26 | Posted in food, seasons 

関連記事