雪室白菜の3時間ロースト

0302_01

昨日に引き続き、現在のお料理、八品目をご紹介します。

「雪室白菜の3時間ロースト」。

里山十帖の裏庭に設えられた雪室で貯蔵した白菜は、収穫時より優しい甘さが増しているのが特徴。そんな白菜を低温で3時間、じっくりローストしました。トロトロに溶けるような食感、そしてじんわり舌を包み込む甘み。「たかが白菜」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、白菜の味を最大限引き出した料理です。

付け合わせには自家製の生ハム。里山十帖の常連のお客様の中には「えっ?生ハムも自家製?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、実は生ハムづくりの名人が、すでに熟成した生ハムを提げてキッチンスタッフに加入。里山十帖の料理にさらに幅が広がっています。

暦は「霞始靆」(かすみはじめてたなびく)から「草木萌動」(そうもくめばえいずる)に変わっています。里山十帖の周辺の積雪は2メートル以上ありますが、空気は完全に春へと変わっています。

これから冬と春の両方を楽しめる素晴らしい時期。季節の躍動感を感じに、ぜひ雪国・里山十帖へお越しください。

【里山十帖 空室情報】
今週と来週の平日にはそれぞれ1〜3室の空室があります。そしてゴールデンウィークの予約が動いています。4日、5日にキャンセルによる空室が出ています。お早めにどうぞ。
https://goo.gl/b8eepD

2018-03-02 | Posted in food, seasons 

関連記事