トークイベント「ローカル・ガストロノミー 実践講座」

0314_01

里山十帖では年間20本程度のイベントを開催しています。そして一昨日、「ローカル・ガストロノミー 実践講座」と題したトークイベントを開催しました。ゲストは「KIHACHI」で知られる熊谷喜八さん。単に料理の話だけでなく、経営、人材のことなど、深〜い話をしていただきました。

平日の昼間にも関わらず、101名のお客様。新潟県内の旅館やレストランのシェフはもちろん、農業生産者、加工品生産者、経営者……顔ぶれは本当に多彩。

2019年には新潟+庄内地方で「日本海ガストロノミー」をテーマにしたディスティネーション・キャンペーンが開催されます。年商100億円の「KIHACHI」経営を「地域経営」「食によるエリアリノベーション」と考えると、とてもしっくりくる話ばかりで。前半の公演、後半のデモンストレーションあわせて、5時間という長丁場にも関わらず、参加された皆さんの顔はずっと真剣でした。

里山十帖では今年、新潟の「食」への意識に一気に火がつくことを期待して、このようなイベントを何回か開催したいと思っています。

次回、里山十帖では5月13・14日の2夜連続、ミシュランガイド東京2つ星『Ryuzu』飯塚隆太シェフの料理とチーズ&ワインを楽しむ会を開催。

6月4日には雪国観光圏主催で、世界ベストレストラン50の日本評議委員長を務める中村孝則さんをゲストに迎え、特別講座を開催します。

ぜひ皆さま、お誘い合わせの上、お越しください!

Uonuma Kitchen「魚沼 食の学校2018」

「世界のガストロノミーの最先端事情を探る 地方を変える起爆剤 ローカル・ガストロノミー!」

第一回目は、コラムニスト・美食評論家であり、世界ベストレストラン50の日本評議委員長を務める中村孝則さんをゲストに迎え、特別講座を開催します。
美食家が地方を目指す時代の到来。そのスピードはさらに加速しています。地方のレストラン、農業や加工業に携わる人に、世界的に拡大しているこのムーブメントをどのように捉え、地域の食文化を発信していくか、この講座からヒントを掴んでいただければと思います。
地方の食に携わる方に、ぜひ聞いていただきたい公開講座です。

ゲスト:中村孝則/コラムニスト・美食評論家
1964年、神奈川県葉山生まれ。ファッションからカルチャー、ガストロノミーからワイン&シガーまでラグジュアリー・ライフをテーマに執筆活動を行なっている。「世界のベストレストラン50」の日本評議委員長をつとめる。

ファシリテーター:岩佐十良/株式会社 自遊人

—————————-
日時:6/4(月) 11:00~14:30
会場:未定(南魚沼市内)
参加費:無料/要予約
※会場の都合上、必ず事前にご予約ください。
定員150名程度
<当日のスケジュール>
11:00〜11:45 雪国観光圏内事業者の取り組み発表
11:50〜13:20 中村さんによるご講演(1時間30分)
13:20〜14:20 質疑応答

0314_02

0314_03

0314_04

0314_05

0314_06

 

2018-03-14 | Posted in event, food 

関連記事