blog

雪見露天風呂が楽しめるのは4月の上旬まで

01

昨晩からまたいい雪が降っています。
現在、里山十帖周辺の積雪は約2メートル。今回の雪はあまり積もらない予定ですが、雪見露天風呂は最高のコンディションです。
雪見露天風呂が楽しめるのは4月の上旬まで。これから3月になると天候も安定して晴れの日が多くなって来ます。しんしんと降る雪も魅力的ですが、晴れた日の絶景もまた感動的。ぜひ雪見露天風呂を楽しみに、里山十帖にお越しください。

【里山十帖 空室情報】
2月は満室ですが、3月の平日にはまだ空室があります。ぜひお越しください。

>ご予約はこちらからどうぞ

2017-02-19 | Posted in seasonsNo Comments » 

 

料理が「ほかのお店や旅館と違う」と言っていただける理由

01

里山十帖の料理が「ほかのお店や旅館と違う」と言っていただける理由。それは例えば、こんな秘密の一室にもあります。
ずらりと並んでいるのはスパイス、そして調合した自家製調味料。山菜を乾燥させて粉末にしたり、山の幸をピクルスにしたり。梅干しはもちろん、たくあんも木桶仕込みの自家製。里山十帖の漬物はぜ〜んぶ自家製です。さらに下段には発酵調味料も。「三五八漬け」などに使われる万能調味料「三五八」も自家製です。
さすがに醤油やみりんは購入していますが、それも一切添加物を使っていない、昔ながらの製法で作られたもの。主役はもちろん野菜ですが調味料は名脇役。どんなに丹精込めて作られた野菜でも、調味料がいい加減では野菜がかわいそうだからです。
「里山十帖の料理を食べると、体が浄化されていくような気がする」。
こんな感想をたくさんのお客様からいただきます。私たちにとってはとても嬉しいこと。美味しくって、体に優しい食事こそが、人間にとって最高の食事だと思うからです。でも意外とこの「美味しい」と「体にいい」の両立は難しくって、里山十帖のキッチンではいつもこの点に関して試行錯誤しています。人間にとっての「美味しい!」は砂糖や旨味、辛味、酸味などから感じることが多いわけですが、この組み合わせを強くすればするほど強烈に右脳を刺激します。つまり、現代の料理は「美味しい!」を追求するために、調味料や油、そして脂を使いすぎる傾向にあるわけですが、これはすなわち「あんまり健康的ではない」料理だったりするのです。
一方、いわゆる「健康的な料理」は、素材の味と天然の旨味を重視しますから、どうしても「美味しい!」と感じにくい料理になってしまうわけです。
里山十帖の料理テーマはその「中間」、「美味しくって体への負担が少ない料理とはなんなのか?」。
まだまだ答えにはたどり着きませんが、常に考えながら料理を作っています。食べた方にとって「美味しい」か「イマイチ」か、それは感じ方も様々ですが、この考え方が「ほかのお店や旅館と違う」と言っていただける理由なのでしょう。そして週刊ダイヤモンドで食事部門第一位に選んでいただいたのも、それが理由なんだと思っています。
今日も里山十帖のキッチンでは試行錯誤が続いています。

(漬物は八海山の純米吟醸酒粕で仕込んだ「山家漬」という地元の漬物家さんの金糸瓜などをご提供することもあります)

明日、2月16日と22日、23日に空室があります。ぜひご利用ください。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

 

02

03

04

05

 

2017-02-15 | Posted in foodNo Comments » 

 

里山十帖の仕込み風景

01

里山十帖の仕込み風景。
里山十帖にはふたりのシェフがいます。一人は日本料理出身の北崎裕。もう一人はアーユルヴェーダが専門の桑木野恵子。桑木野は主に野菜料理を担当しています。
野菜は契約農家のお宅に取りに行くこともありますが、冬の間は裏庭の雪室に。なぜって、熟成させたほうが美味しくなるからです。
3連泊以上のお客様には、食べたいものを食べたいようにご提供できるのも、得意分野の違うシェフが2人いるから。「完全ヴィーガン食で」「スパイスの効いた野菜料理を食べたい」から「日本海の幸をたくさん!」というご要望まで、お応えしています。そんなこともあって、里山十帖には4泊、5泊といったお客様も多数。お時間さえあれば、ぜひ里山十帖で3泊以上してみてください。新潟・魚沼の食材の豊富さを実感していただけると思います!

02

03

04

05

 

2017-02-13 | Posted in foodNo Comments » 

 

古民家なのになぜこんなに暖かいんですか?

01

冬の里山十帖にいらっしゃったお客様が一番びっくりすること。それは館内が暖かくてポカポカなことです。
「古民家なのになぜこんなに暖かいんですか?」
「暖かいとは聞いていたけど、まさか本当にこんなに暖かいとは!」などなど、感激の言葉や感想をいただきます。
暖かさの秘密は徹底した断熱。リノベーションする際に北海道の高断熱住宅以上の断熱材を入れてあります。そのおかげで館内は常にポカポカ。夜の暖房は薪ストーブとペレットストーブだけなので、館内の静けさにも貢献しています。さらに床板もほのかに温かくなる仕掛けがしてあるので、「床暖房だと思った!」というお客様もたくさんいらっしゃいます。
リノベーションの際に重要視したのは「暖かさ」だけでなく「静けさ」と「風がないこと」。エアコンやファンヒーターの音や風がない空間を作りたい、ということでした。それはすなわち「快適な暖かさ」。
客室はエアコンですが、断熱材を入れすぎたため暖房が効きすぎるほど。就寝前にエアコンを切っても、部屋は朝まで暖かいまま保たれます。これも雪国の現代の知恵。
薄着&裸足で過ごしながら、しんしんと降る雪を眺めながら過ごす贅沢。ぜひ冬の里山十帖で、「現代の雪国の暮らし」を体験してください。

【里山十帖 空室情報】
2月14日、16日、21日〜23日に空室があります。ぜひご利用ください。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

2017-02-11 | Posted in about, seasonsNo Comments » 

 

今日もいい雪が降っています

01

今日もいい雪が降っています。テレビでは西日本の大雪報道が流れていますが、新潟の大雪はあたりまえ。上越新幹線も在来線も遅れなしで運行中、明日、明後日も問題なく動くはずです。
静寂の露天風呂と雪の中で美味しさを増した野菜が皆様のお越しをお待ちしております!

【里山十帖 空室情報】
2月14日、16日、20日に空室があります。ぜひご利用ください。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000calendaronly.asp…

2017-02-10 | Posted in seasonsNo Comments » 

 

雪の中で熟成させた寒ブリ

01

雪は暮らしている者にとって厄介なものである一方、いろいろな食材を美味しくしてくれる天の恵みでもあります。昨日も紹介しましたが、雪の中で熟成させた寒ブリは、「雪中熟成」ならではの甘みと口どけが特徴です。一般的に寒ブリは熟成にむかないと言われています。その理由は変色してしまうから。身は柔らかくなってトロのような食感になるのですが、どうしても色が悪くなってしまいます。
ところが雪の中で熟成させるとまったく変色せずに柔らかく、しかも旨味が増していくのです。雪の中は温度が一定な上に湿度100%。さらに酸素が少ないため、理想的に熟成が進んでいくのだと思われます。
この雪中熟成の「寒ブリを食べたい!」とリピーターになるお客様も多数。「食いしん坊の友達にどうしても食べさせたい」とお友達を連れてワンシーズンに何度もお越しになるお客様がたくさんいらっしゃいます。
寒ブリは「ブリしゃぶ」としてご用意しているのですが、しゃぶしゃぶするよりも生で食べたほうが美味しいのも事実。半分以上を生で食べて、数枚をしゃぶしゃぶされるお客様がほとんどです。
「ブリしゃぶ」はオプション料理で1人前5000円。3月上旬までですが、状況によってはご用意できないこともあります。ご希望の方は、できるだけ早くご予約下さい!

2017-02-08 | Posted in food, seasonsNo Comments » 

 

里山十帖の裏庭には「雪室」があります

01

里山十帖の裏庭には「雪室」があります。
雪室といっても様々で、八海山の魚沼の里にあるようなハイテク最先端の雪室から、里山十帖のようなローテクまで。里山十帖の雪室は、単管パイプの骨組みに稲藁をかけた小屋を作って、あとは積雪を待つだけ。小屋が雪に埋もれたら完成です(写真右下の黒い穴が入り口)。
ローテクとはいえ、この雪室が里山十帖の冬野菜を美味しくする秘密。白菜も人参もじゃがいもも、ゴボウも、雪室で眠らせておくと、み〜んな甘みが増してきます。
さらに。実は雪の中には魚も眠っています! 佐渡から届いたブリは一本そのまま雪の中へ。雪中熟成させると身が柔らかくなって、まるでとろけるような食感になるのです。

冬野菜とブリは2月いっぱいがいちばん美味しい時期。ぜひ雪の恵みを味わいに、里山十帖へお越しください。

【里山十帖 空室情報】
2月の平日は空室が数なくなってきました。ぜひ真冬の里山十帖へお越しください。館内はぽかぽかですよ!
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

02

03

04

2017-02-07 | Posted in seasonsNo Comments » 

 

裏山お散歩ツアー

01

夕方4時から開催している「裏山お散歩ツアー」。冬は日本人の知恵、輪かんじき体験! 昨日ご紹介した早朝の「スノーシューツアー」とは違って、こちらは予約不要、参加費無料。視界が極端に悪い日以外は毎日開催しています。里山十帖のすぐ裏の雪原で雪遊びはいかがですか?
輪かんじき体験は4月上旬までお楽しみいただけます。

【里山十帖 空室情報】
9日と14日〜16日に空室があります。明日7日と10日から13日は降雪予報。ふっかふっかの新雪を楽しめる上に、露天風呂からは絶景が望めるかもしれませんよ。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000calendaronly.asp…

02

03

04

 

 

2017-02-06 | Posted in area activities, seasonsNo Comments » 

 

周辺の雪景色が、ハイシーズンの風景に近づいてきました!

01

里山十帖周辺の雪景色が、ハイシーズンの風景に近づいてきました!
現在の積雪は2メートル程度。まだまだ例年に比べて積雪は少ないのですが、昨年と比べるとすっかり雪に覆われて、「雪国に来たぞ!」という感じになって来ました。早朝に開催しているスノーシューツアーも大好評。里山十帖の裏山をハイクアップ約45分。眼下には絶景が広がります。ぜひ冬の里山十帖へお越しください。

【里山十帖 空室情報】
明日、月曜日と9日に空室があります。空室のある304号室はトリプルルームのためネットでは2名様以上でしかご予約いただけないのですが、直前の空室なので1名様でもご利用いただけるようにいたします。1名での宿泊ご希望の方はお電話でお問い合わせください。
025-783-6777

02

03

04

2017-02-05 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

里山十帖、ただいまの積雪はこんな感じ

01

里山十帖、ただいまの積雪はこんな感じ!
露天風呂からの雪景色も最高、スノーシューや輪かんじき体験も楽しい積雪量になりました。連泊のお客様のなかには一日中、雪を眺めながら館内でのんびりされる方もたくさん。読みたかった本を持ち込んだり、たまった仕事を持ち込んだり。スキーやスノーボードをしなくても雪国は十分楽しめちゃいます。
ちなみに「いちばん最寄りのスキー場はどこですか?」というご質問もいただきますが、上越国際スキー場の大沢ゲレンデまでは車で約3分。舞子と石打丸山は10分程度。もちろんスノースポーツも楽しめます。
ぜひ冬の新潟にお越しください。

【里山十帖 予約サイト】
1月31日、2月1日、2日に1室ずつ空室があります。ぜひお越しください!

https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000calendaronly.asp…

2017-01-30 | Posted in seasonsNo Comments » 

 

里山十帖周辺の空は、本日、澄み渡る快晴!

01

里山十帖周辺の空は、本日、澄み渡る快晴!
素晴らしい景色が広がっています。里山十帖があるのは国道から少し上がった、7軒がひっそり建つ小さな集落。なかでも里山十帖は少し離れた場所にあるので、一軒宿のような趣です。周囲はご覧のとおり、山、山、山。正面には日本百名山の巻機山(まきはたやま)、北側には八海山が聳えています。山並みの標高は2000メートル前後。北アルプスほどの標高はありませんが、里の集落と山のピークの標高差は北アルプスや南アルプス並み。それが迫力ある風景の理由です。
特に晴れた日の夕暮れ、夕焼けに染まる山々は息をのむほどの美しさ。露天風呂からは刻々と変わる山々の景観をお楽しみいただけます。
これから2月は積雪量がぐんぐん増えていく時期。今年は例年より雪は少なめですが、それでも現在2メートル弱の雪は3メートル前後まで増えそうです。つまり、2月はしんしんと積もる雪を眺めながら露天風呂を楽しむ時期。そして3月になると天気が安定して、紅色に染まる巻機山をご覧いただける日が増えていきます。
ぜひ、冬の里山十帖にお越しください。

【里山十帖 予約サイト】
1月31日、2月1日、2日に1室ずつ空室があります。ぜひお越しください!
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000calendaronly.asp…

2017-01-29 | Posted in seasonsNo Comments » 

 

里山十帖の積雪が2メートルを超しました

01

里山十帖の積雪が2メートルを超しました。例年に比べればまだまだですが、昨年と比べれば今年は雪国らしい景色をお楽しみいただけます。
積雪量のピークは2月中旬から下旬。もしかすると3メートル近くまでいくかもしれません。毎日16:00からは輪かんじき体験、早朝にはスノーシューツアーも催行中。とくに3月になるとスノーシューは行動範囲が広がって、あちこち行けるようになります。
ぜひ雪国を体験しに里山十帖にお越しください!

02

03

04

05

06

2017-01-27 | Posted in area activities, seasonsNo Comments » 

 

昨晩からいい雪が降っています!

01

昨晩からいい雪が降っています! 写真は里山十帖すぐ裏のバックカントリーフィールド。里山十帖からハイクアップ約30分、かなり楽しい地形を独り占めできます。

里山十帖ではスノーシューツアーはもちろん、バックカントリースキー&ボードのガイド手配とご紹介も行っています。「今年こそ、バックカントリーに挑戦したい!」というBC初心者の方から、「平標山や谷川岳に挑戦したい」という上級者、さらに「ハイクアップなしでパウダーを滑りまくりたい」という方、そして「誰もいない里山フィールドを滑りたい」という方まで。ご予約の際にお気軽にお問い合わせください。

ヤブも埋まりつつあるこれからの季節、里山十帖周辺だけでも十分楽しめます。優雅なスノーホリデーを里山十帖でお過ごしください。

02

03

04

05

2017-01-23 | Posted in area activities, area guide, seasonsNo Comments » 

 

小正月は、魚沼地域の各集落で「鳥追い」

01

大雪も昨日の夜半過ぎで終了。今日は終日、降ったり止んだりでした。
小正月は、魚沼地域の各集落で「鳥追い」と呼ばれるお祭りが開かれる日。東京でいう「どんど焼き」ですが、「里山十帖」のある大沢集落では、大きな羽子板で羽根つきをするのが特徴です。
そして山を越した松之山温泉では「婿投げ・墨塗り」と呼ばれる行事が。前年に結婚した婿を薬師堂の上から崖下に放り投げるという奇祭。婿を投げた後には無病息災を願う墨塗りも行われました。

16日、17日も予報では雪ですが、17日の夕方、または18日には晴れになるはず。降雪の後の晴れは最高に美しく、とくに夕日に雪山が染まる様子は息を飲むほどです。
現在、17日に一室、18日に2室の空室があります。ぜひ絶景露天風呂に浸かりに来てください!

2017-01-15 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

今日の「里山十帖」。最高の雪見露天風呂です!

01

今日の「里山十帖」。最高の雪見露天風呂です! 正直、ニュースの大雪報道は大げさです。今回の降り方はたしかに年に一度か二度ですが、雪国では2メートルくらいの雪は珍しくありませんし、新幹線も遅れなしで運行中。高速道路も通常どおり(本当にひどい時は閉鎖されます)。国道にも普通に車が走行しています。

ちなみに雪国では信号機も縦位置、松之山温泉では雪の斜面に婿を投げる「婿投げ」というお祭りがあるほどで、このくらいの雪があるのは普通なんです。

来週は雪見風呂はもちろん、スキーもスノーボードも、スノーシュートレッキングも最高です。ぜひ、深雪の新潟・南魚沼「里山十帖」にお越しください。

ちなみに明日も在来線は運休しそうです(動かす気がなさそうです)。お越しのお客様は、越後湯沢駅から定額タクシーをご利用ください。

02

03

04

2017-01-14 | Posted in area guide, seasonsNo Comments »