blog

秋の予定はお決まりですか?

0817-2_01

お盆休みももうすぐ終わり。気になるのは秋の予定ですよね。里山十帖周辺の紅葉は10月10日ごろ、標高2000メートル付近から始まって、里山に降りてくる11月下旬まで約1ヶ月半のロングシーズン。週末は満室が多くなってきましたが、平日には余裕があります。ぜひご利用ください。

そして。今回ご紹介したいのが、里山十帖の姉妹施設「講 大津百町」。京都からJRでわずか2駅9分、京都市営地下鉄東西線直通という、京都を訪れるなら最高のロケーション。むしろ大混雑の京都を避けて、大津市内の三井寺や石山寺のライトアップを楽しむ方も増えています。

おかげさまで一休のレイティングはなんと「4.92」! 近畿(大阪以外)ランキング1位!!!という高評価をいただいています。

このランキング1位という結果は、毎日行なっている「商店街ツアー」の成果。「講 大津百町」は、日本初の商店街を活性化するために作られた、民間企画&運営のホテル」です。

ツアーは正直な話、里山十帖のスタッフも真似できないクオリティーです。ぜひ京都観光を早めに切り上げて、16時からの商店街ツアーにご参加下さい。

リピーターには「京都より滋賀のほうが楽しいよね」と言う方も増えてきました。皆さん、秋の京都はぜひ「講 大津百町」をご利用ください!

【講 大津百町】
http://hotel-koo.com

【講 大津百町 FACEBOOK】
https://www.facebook.com/otsuhyakucho.koo

【おいしい滋賀】
https://organic-exp.com/products/detail.php?product_id=2062

0817-2_02

0817-2_03

0817-2_04

0817-2_05

0817-2_06

0817-2_07

0817-2_08

0817-2_09

0817-2_10

0817-2_11

0817-2_12

2019-08-17 | Posted in recommend, seasonsNo Comments » 

 

立秋「蒙霧升降(ふかききりまとう)」

0817_01

七十二候が立秋の末候に変わり、里山の空気もなんとなく秋めいてきた気がします。
日中こそ残暑を感じる気温ですが、朝夕は少しひんやりとした風が流れることも多くなりました。こうなってくると、早朝、日の出頃の露天風呂がもう最高です。
特に前日に雨が降り、空気が湿り気を含んでいるときには、まさに「蒙霧」が立ち込め幻想的な風景が見られることも。
暑さで参った身体に、優しい温泉と大自然のエネルギーをチャージしに来ませんか?

【空室情報】
次の土曜8/24に、キャンセルによる空室が1部屋出ています!304たたみトリプル。2名様はもちろんですが、3名様の女子旅利用にも人気のお部屋です。ぜひこの機会をお見逃しなく!ご予約はお電話でも承っております。

※2019年8月17日時点の空室情報です。

2019-08-17 | Posted in seasonsNo Comments » 

 

このナス、ご存知でしょうか?

0814_01

その名も「焼きなす」。料理名ではありません。品種名が「焼きなす」なんです。
焼いたらことのほか美味しかったのでその名がついたというナスなのですが、驚くのはその名前だけではなく大きさ。県内最大級のナスとして知られており、大きいものは長さ30cmにもなります。
新潟がナスの作付面積日本一であり、伝統的な品種や在来種が多いことは前にも書きましたが、この「焼きなす」も県外に出ることはない貴重な品種。数軒の農家が種を自家採取しながら作っているだけです。
里山十帖では、この「焼きなす」を文字通り焼きなすにして、すり流しにしています。いろいろな品種で試してみましたが、この「焼きなす」が圧倒的美味!
ということで、継続仕入れのために生産者をまわって、分けてもらうお願いをしています。
焼きなすのお料理をご提供できるのは、おそらくここから9月頃まで。ぜひ皆さん、この季節に美味しい「焼きなす」を食べに来てください!

【空室情報】
直近の土日に動きがあり、キャンセルによる空室が出てます!このチャンスをどうぞお見逃しなく。

8/18(日):残り1部屋
8/24(土):残り1部屋
9/7(土):残り2部屋
9/14(土):残り1部屋

※2019年8月14日時点の空室情報です。

0814_02

0814_03

0814_04

2019-08-14 | Posted in food, seasonsNo Comments » 

 

夏の名物が始まっています!

0807_01

里山十帖、夏の名物「新潟ナスづくし」。
まだ「づくし」になるほどの入荷はありませんが、それでも毎日5種類程度のナスをご提供できるようになりました。

「なぜナスなの?」という声が聞こえて来そうですが、新潟県は「ナスの作付面積日本一」。コレ、実は新潟県民にもあまり知られていない事実です。しかも品種が23種類以上。「以上」というのは、伝統野菜が多いので「正確な数がわからない」という意味です。
なぜ知られていないのかというと、そのほとんどを自家消費、県内消費だから。み〜んな自分たちで食べちゃっているのです。

また里山十帖のナスは、ただのナスではありません。ほぼすべてが新潟の固定種(在来種)。市場には出回らない非常に貴重なナスで、生産者から直接分けてもらうしか入手方法がありません。美味しいのはもちろんですが、食べることで固定種を育てる農家を守ることにもなります。
ぜひ、山菜料理に次ぐ人気の「ナス料理」を食べに来てください!

【空室情報】
8月のお盆開けから9月にかけては、平日にまだ若干の空室があります。ご予約はお電話でも承っております。

※2019年8月7日時点の空室情報です。

0807_02

0807_03

0807_04

0807_05

0807_06

2019-08-07 | Posted in food, seasonsNo Comments » 

 

越後三大花火をぜひ体験ください!

0804_01

「海の柏崎」に続き、「川の長岡」も無事終了!
今年もたくさんのお客様と一緒に、慰霊と復興そして平和を願う素敵な時間を過ごすことができました。
里山十帖特製の花火弁当は、今回も豪華な5段重。ワイングラス片手に召し上がっていただくラグジュアリー感はやはり特別で、周りの別ツアーのお客様に「素敵ですね!どちらのツアーですか???」と声を掛けていただくほど。スタッフ一同、来年もまた頑張ろう!と思える2日間でした。

そしていよいよ来月9月は「山の片貝」です!
片貝の目玉は世界最大の4尺玉が打ち上げられることですが、片貝まつりの魅力はなんと言っても「祭」としての雰囲気。文化や歴史が好きな方にとってはこれまたじんわりくるお祭りです。
ちなみに片貝では、なんとご自身の花火を打ち上げることもできます!金額も五号玉(五寸玉)で12,050円〜と意外とお手軽。花火の申込みは8月10日までですので、まだ十分間に合います。この機会に、特別な想いを込めた花火を打ち上げてみませんか?

奉納煙火(花火)申込ページ
http://katakaimachi-enkakyokai.info/order_info.html

なお、今年の片貝花火ツアーは、9日、10日ともにまだ若干の空きがあります。このチャンスをぜひお見逃しなく!ご予約は、お電話でも承っております。

※2019年8月4日時点の空室情報です。

0804_02

0804_03

0804_04

0804_05

0804_06

0804_07

0804_08

2019-08-04 | Posted in area activities, event, seasonsNo Comments » 

 

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会

0726_01

本日の里山十帖は新潟県柏崎市で行われる「ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会」へ。新潟の花火大会というと長岡が有名ですが、実は「川の長岡」「山の片貝」「海の柏崎」が越後三大花火と言われています。

打ち上げ数は1万5000発。長岡のフェニックスにも劣らない600mに渡るワイドスターマイン、尺玉100発一斉打ちなど、東京の花火大会ではありえない規模です。

しかも観覧席はビーチのすぐ近く。里山十帖の席はご覧のような特別なテーブル席なので、椅子に座って優雅に食事を楽しみながら夕日を眺め、そして花火を楽しめます。

海風に吹かれながらの花火鑑賞はかなりラグジュアリー。里山十帖特製のお弁当もご覧のような豪華版。美味しいワインや日本酒、ビールもたくさんご用意しています。

ちなみに8月2日、3日に開催される長岡花火のツアーは、毎年抽選になるほどの人気。でも柏崎は東京での知名度が低いため、まだ先着順での受付です。今年の柏崎は終了しましたが、来年の予約を明日より受付ますので、ぜひお早めにご予約ください。

・お電話での仮予約となります。有料席の販売開始後に席が取れなかった場合などはツアーを催行しません。催行の可否は来年4月ごろに決定します。
・8月2日、3日の長岡まつりは満席、満室です。
・9月9日、10日の片貝まつりはまだ若干の空室があります。なお片貝まつりはテーブル席ではなく桟敷席です。

※2019年7月26日時点の空室情報です。

0726_02

0726_03

0726_04

0726_05

0726_06

0726_07

0726_08

0726_09

2019-07-26 | Posted in area activities, event, foodNo Comments » 

 

今年も鮎のシーズンがやってきました!

0716_01

魚野川の鮎漁解禁は7月。雪解け水が冷たくて鮎が育たないので解禁が1ヶ月遅いのです。
そして、里山十帖の鮎料理といえば「鮎そばパスタ」。「これを食べるために今年もきました!」というお客様も多い季節のスペシャリテですが、実は毎年変化と進化を加えています。

ちなみに写真は、今年ではなくこれまでに登場した鮎そば。「えっ? 鮎?」と思った方も多いでしょうが、実はそばパスタに絡まっているソース、これが「焼き鮎」なのです。口に含むと鮎の濃厚な香りと味が口中に広がって、まさに鮎そのもの。それもそのはず、このソースは鮎と塩だけでつくられているのです。
とってもシンプルですが、作り方は手が込んでいます。まず、生きたままの鮎を仮死状態にします。なぜ生きたままなのかというと、死んだ鮎だとソースにしたとき内臓の臭みが出てしまうから。そして仮死状態の鮎を一気に焼き上げて、エラ、ヒレ、骨などの固い部分だけをとって、それをフードプロセッサでミンチにしてソースにします。その際に使う調味料はわずかな塩だけ。これをそばパスタに絡めて「できあがり」なのですが、今年はまた少し趣向が変わっています。
生きたままの鮎が仕入れられた日限定のお料理ですが、ぜひ昨年食べた方も、初めての方も、今年の「鮎そばパスタ」を食べに来てください!

【空室情報】
なんと…直前ですが、今週の土曜日、7/20にグループでご予約の方のキャンセルが出ました!
今ならご家族やご友人同士でのご予約も可能です。ぜひこの機会をお見逃しなく!ご予約はお電話でも承っております。

※2019年7月16日時点の空室情報です。

0716_02

0716_03

0716_04

2019-07-16 | Posted in food, seasonsNo Comments » 

 

越後三大花火をご存知ですか?

0710_01

新潟の花火大会というと長岡が有名ですが、実は「川の長岡」「山の片貝」「海の柏崎」が「越後三大花火」と言われています。
8月に開催する長岡花火のツアーは、毎年抽選になるほどの人気ですでに満室なのですが、柏崎や片貝は東京での知名度が低いため、今年はまだ先着順で受付中。知る人ぞ知る穴場ともいえる花火ツアーです。

「海の柏崎」は、打ち上げ数は1万5000発。長岡のフェニックスにも劣らない600mに渡るワイドスターマイン、尺玉100発一斉打ちなど、東京の花火大会ではありえない規模です。しかも観覧席はビーチのすぐ近く。優雅に食事を楽しみながら夕日を眺め、そして花火を楽しめます。

「山の片貝」は、ギネスブックにも掲載された世界一の打上花火、正四尺玉が目玉。また奉納煙火であることから、打ち上げる花火1つ1つに想いが込められています。特に還暦の皆さんが上げるスターマインと、成人の皆さんのために町民一同が上げる正四尺玉は思わず泣けてしまうくらいです。

ちなみに里山十帖の花火鑑賞ツアーはかなりラグジュアリー。里山十帖特製のお弁当もご覧のような豪華版。美味しいワインや日本酒もたくさんご用意しています。ぜひ今年は里山十帖で、越後三大花火を制覇してください!
ご予約やお問合せは、お電話でも承っております。

【ぎおん柏崎まつり海の大花火大会】7/26(金)
https://niigata-kankou.or.jp/event/2011
※キャンセルによる空室が1部屋だけ出ております!このチャンスをお見逃しなく

【片貝まつり浅原神社秋季例大祭】9/9(月)、9/10(火)
https://niigata-kankou.or.jp/event/2024
※両日、まだ若干の空室がございます!先着順ですのでお早めにご予約ください

※2019年7月10日時点の空室情報です。

0710_02

0710_03

0710_04

2019-07-10 | Posted in area activities, eventNo Comments » 

 

こんな体験はいかがでしょう?

0704_01

今年5周年を迎えた里山十帖。フレッシュなメンバーも加わり、あらためて色んな企画を検討中です。
こちらはある日のミーティングメモ。日本画が得意なプレゼンター、愛称“ゆま”(“ゆまぴ”と呼ばれることもあります)が、その場でみんなのアイデアをまとめてくれました。
「とにかくまずはやってみよう!」が自遊人スタイル。というわけで、さっそく今週末からいろいろ始めていこうと思います。
いよいよ梅雨明け!というくらい心地よい日が多くなってきたこの季節。ぜひ里山十帖にお越しいただき、普段とはちょっぴり違う体験をお楽しみください。

【空室情報】
今週末の土曜日は、キャンセルによる空室が出ています!(7/13は満室となりました。ありがとうございます!)
ぜひこの機会をお見逃しなく。

※2019年7月4日時点の空室情報です。

2019-07-04 | Posted in aboutNo Comments » 

 

ホタルのシーズンがやってきます

0622_01

里山十帖の周辺、徒歩3分の田んぼでは、毎年たくさんのホタルが乱舞します。
例年、6月下旬から7月にかけて飛び始めるホタル。そろそろかな?と毎日スタッフが田んぼに様子を見に行っています。
また今年は、より間近にゆったりとホタルを鑑賞いただけるよう、田んぼの脇にベンチを設置。自然との一体感を持たせるべくあえてシンプルなベンチにしたのですが、これがなかなか侮れません。ホタル鑑賞に限らず、ここでのんびりと田んぼを見てるだけで、なんとも幸せな気分になります。とくに朝焼け夕焼けは本当に絶景。鳥の声と相まって、まるで天国のようです。
美しい田んぼとホタルが飛び交うこの季節、ぜひ里山十帖へお越しください!

0622_02

0622_03

2019-06-22 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

水鏡茶会の料理は「水」がテーマ

0613_01

田植え前の田んぼに茶席を設けた「水鏡茶会」。料理も「水」がテーマです。雪解けの頃に採取したイタヤカエデの樹液からスタートして、大沢山の水の恵みを表現した料理を皆さんに召し上がっていただきました。

ペアリングしたお酒も「新潟の水」がテーマ。新潟にはたくさんの酒蔵がありますが、総じて淡麗でも、水源によって同じ日本酒度でも感じる辛さが違ったりします。

里山十帖の料理は常に「自然の味」を意識していますが、「水」をテーマにした今回、より素材の力強さや繊細な味を楽しんでいただけたようです。

ちなみに6月の里山十帖は新緑がいちばん美しい時期。新潟の6月は梅雨入りしてもほとんど雨が降りません。下旬になると蛍も飛び始めます。ぜひ、眩しい緑を見に、新潟・南魚沼にお越しください。

0613_02

0613_03

0613_04

0613_05

0613_06

0613_07

0613_08

0613_09

0613_10

0613_11

0613_12

0613_13

0613_14

0613_15

0613_16

0613_17

0613_18

0613_19

2019-06-13 | Posted in event, food, seasonsNo Comments » 

 

田んぼの上で過ごす1日

0609_01

妄想数年、計画1年。ついに実現しました。水鏡の上での茶会(今回は気軽な中国茶会)。

日本百名山の巻機山(まきはたやま)を正面に望む里山十帖の田んぼ。その真ん中に席を設けました。田んぼのぬかるみに水平の基礎を作るのはかなり難しい作業。しかも「畳の表面は水面から5センチ。水に浮かぶような席を作るように」というクリエイティブディレクター、岩佐の指示も難易度の高いものでしたが、みごとに完成。

当日は山頂付近に若干の雲こそかかっていましたが、空気の透明度が高く、風もほぼ無風。席に着くと、正面の巻機山がみごとに水鏡に映し出されました。

亭主役をお願いしたゲスト茶人は、京都『茶房 好日居』主人の横山晴美さんと、陶芸家の市川孝さん。そしてお菓子を担当したのは『御菓子丸』主宰の杉山早陽子さん。

大沢山の水源部で、湧水で淹れたお茶、そして湧水で作ったお菓子を楽しみました。

当日ご参加いただいたいお客様からは「夢のような空間」「信じられない景観」という感想を頂戴しましたが、私たちにとっては、まさに思い描いていた空間。稲穂に囲まれた「黄金の茶会」やかまくらでの「雪中茶会」も特別ですが、「水鏡茶会」の空間もこれまた特別でした。

そして夕食も「水」がテーマ。現在の料理と同じものもありますが、ちょっとだけ特別。その写真はまた後日、ご紹介します。

好日居
https://www.facebook.com/kojitsukyo/

市川孝
https://www.instagram.com/takashi_ichikawa1212

御菓子丸
https://www.okashimaru.com

0609_02

0609_03

0609_04

0609_05

0609_06

0609_07

0609_08

0609_09

0609_10

2019-06-09 | Posted in drink, event, foodNo Comments » 

 

お子様大歓迎!の特別な一日

0603_01

昨日の里山十帖は恒例の「田植え体験会」。田植えと稲刈りは、毎年、お子様大歓迎。昨日もたくさんのキッズが田植え&泊まりに来てくれました。

広い田んぼも大勢で植えればあっという間。田植えの後は参加者全員で「早苗饗」(さなぶり)を楽しみました。

里山十帖のメインダイニングの名前でもある「早苗饗」とは、田植えの後、手伝ってくれた人々をもてなす饗応のこと。村人総出で田植えを手伝った時代、お米が本当に貴重だった時代のことを田んぼで学びつつ、皆さんに本当の「早苗饗」を体験していただきました。

今年は子供がたくさんいたにも関わらず、田植え後の田んぼはとてもいい状態(補植をほとんどしないでいい状態です!)。秋には立派な稲穂をつけているはず。ぜひ皆さん、秋の収穫にも来てくださいね!!

0603_02

0603_03

0603_04

0603_05

0603_06

0603_07

0603_08

0603_09

0603_10

0603_11

0603_12

0603_13

0603_14

2019-06-03 | Posted in event, foodNo Comments » 

 

山菜料理は6月下旬まで!

0530_01

里山十帖といえば山菜料理。今年は標高の高い山に雪がたくさん残っているのでシーズン長めです。

昨年は春が早かったので、5月末以降は山菜料理の品数がかなり減ってしまったのですが、今年は6月上旬も山菜料理をご提供できそうです。

常連のお客様はそのあたりをよくご存知で、5月に予約が集中、その反動で6月の客室には余裕があります。里山十帖でもっとも予約が取りやすいのも6月だったりするのです。

6月中旬になるとさすがに山菜も少なくなって徐々に野菜料理に切り替わっていきますが、6月の里山十帖は超穴場。気候も最高、田んぼの水鏡ももっとも美しい季節です。

しかも今年の梅雨入りは遅くなりそうで、6月末まで新潟は晴れの日が多い予報。もともと6月の新潟は雨が降らないのですが、今年は最高のシーズンになりそうです。

ぜひ山菜料理を食べに里山十帖へお越しください。

0530_02

0530_03

0530_04

0530_05

0530_06

0530_07

0530_08

0530_09

0530_10

0530_11

2019-05-30 | Posted in food, seasonsNo Comments » 

 

5/25土曜日に空室が出ました!

0522_01

なんと今週の土曜日、直前キャンセルにより1部屋だけ空室がでました!2〜4名様までお泊りいただけて、仲のよい3人旅、女子旅にも人気の「304・たたみトリプル」です。

新緑の絶景を望む露天風呂、そして大地のパワー溢れる山菜料理をお楽しみいただけるのはこの季節だけ。「まだ週末の予定が決まってなかった」という方、ぜひこの機会をお見逃しなく!

里山十帖 www.satoyama-jujo.com

予約サイト https://goo.gl/lEPqHL

※2019年5月22日時点の空室情報です。

0522_02

0522_03

0522_04

0522_05

2019-05-22 | Posted in seasonsNo Comments »