blog

「料理のエッセンス」彩り豊かな夏野菜と器の競演

01

料理がもつ本来の美しさを生かした料理を得意とする、料理家の遠藤千恵さんをゲストシェフに迎え、里山十帖キッチンチームとの1日限りのコラボレーションディナーを開催します!

当日は、陶芸家の舟串篤司さん、Keicondoさんと料理家の遠藤千恵さん、里山十帖のクリエイティブ・ディレクター岩佐十良の4人で、器と料理について作り手とともに考えるトークイベントも行います。
新潟を代表する伝統野菜である数々のナスをはじめ、神楽南蛮、糸瓜、そして里山ガーデンのハーブを使った料理と器のコラボレーションをぜひお楽しみください。

<Time Schedule>

14:00 チェックイン開始。通常は15時からのチェックインですが、この日限定で14時から受付けいたします。
15:00 器と料理について作り手とともに考えるトークイベント。
16:00 トークイベント終了後は、温泉につかったり、散歩に出かけたり。ご夕食までごゆっくりお過ごしください。
17:30 前菜を盛りつけよう!夕食のダイニングに集まり、参加する皆さんにも実際に器に盛りつけていただきます。オリジナルの一皿を作りましょう!
18:00 コラボレーションディナーのスタート。ここから先は遠藤千恵さんと里山のキッチンスタッフによる料理をご提供します。
※皆様での会食となります。
20:00 ディナー終了後は、チェックアウトまでゆっくりお過ごしください。

遠藤千恵/料理家・ties代表。大学卒業後、国際線客室乗務員として勤務したのち、料理学校アシスタント、レストラン勤務、都立大学「マルカン」のシェフを経て独立。谷戸の自然豊かな神奈川・中山を拠点に、四季折々の野菜が持つ本質的な美味しさと美しさを活かした出張料理、メニュー制作を行う。2016年より二十四節気に沿った台所の手仕事をともに行う「手しごとの会」を主宰。

舟串篤司/茨城県笠間市にて活動する陶芸家。1979年茨城県水戸市生まれ。2003年に酒井芳樹氏に師事を仰ぎ、2008年茨城県窯業指導所釉薬I科修了。2009年笠間市にて独立。「清ら工房」主宰。

Keicondo/1981年茨城県笠間市生まれ。様々な勉強や仕事を経験し、2009年笠間にて独立。世界中の食卓へ向けて、スタイルのある器を提案している。

■ご宿泊での参加をご希望の方へ

ご予約は、以下URLよりどうぞ。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/di/…

■日帰り参加をご希望の方へ(先着15名さま)
参加費は夕食(飲み物)込みでお一人様2万5000円(税込)。南魚沼市在住の方は1万3000円(税込)です。事前にご予約の上、当日は15:00までにお越しください。

参加ご希望の方はこのページで「参加」としてください。
参加費は、当日お越しの際に、受付にてお支払いくださいませ。

※客室を含め、全館禁煙です。

2017-06-21 | Posted in eventNo Comments » 

 

6月23日開催「山菜料理&自然派ワインを楽しむ会 2017」、宿泊のキャンセルが1室でました!

01

6月23日、里山十帖で開催される「山菜料理&自然派ワインを楽しむ会 2017」、宿泊のキャンセルが1室でました!
「行きたかったけれど満室だから」と諦めていた皆さん、ぜひご参加下さい。

【山菜料理&自然派ワインを楽しむ会2017】

山菜を中心に新潟の食材を使って特別メニューを作るコラボレーションディナー。2017年はフードディレクターの川上ミホさんを迎えて開催します。

里山十帖のフードディレクター北崎裕と、野菜料理を専門とする桑木野恵子の3人で、「山菜料理の伝統と革新」をテーマに、山菜料理の可能性を探ります。

単なる食事会ではなく、山に入って山野草を収穫。収穫することからディナーが始まります。ソムリエの資格も持つ川上ミホさんが選ぶ、ワインペアリングにもご注目ください!

<当日のスケジュール>
14:00 早めにチェックインをスタート。通常は15時からのチェックインですが、この日は14時から受け付けております!
15:00 この日限定!スペシャル散策ツアー。川上ミホさんと里山十帖のフードクリエイター桑木野恵子がご案内する山野草の収穫ツアーの開始です。ドリンクやお菓子もご用意いたします。
16:00 散策ツアー終了。館内でゆっくりお過ごしください。
18:00 山菜料理と自然派ワインと使ったコラボレーションディナーのスタート!散策ツアーで収穫した山野草にも注目です。

解散後は、翌日のチェックアウトまでご自由にお過ごしください。

川上ミホ/2014年、目黒区東山にプライベート・レストラン「5 quinto」をオープン。2015年、『Louis Vuitton city guide TOKYO 版』掲載など、注目を集める。イタリアンと和食をベースにしたシンプルでストーリーのあるレシピとスタイリングに定評がある。JSA認定ソムリエ。AISO認定オリーブオイルソムリエ。

■ご宿泊での参加をご希望の方へ

ご予約は、以下URLよりどうぞ。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/di/…

2017-06-17 | Posted in eventNo Comments » 

 

フレッシュハーブウォーター

01

里山十帖では毎日16時から30分程度、周辺を散策するお散歩ツアーを実施しています。そしてお散歩ツアーの終了後にご提供しているのが、フレッシュハーブウォーター。周辺の野山から採取したハーブがほのかに香ります。
お散歩ツアーの参加は無料。ぜひ早めにチェックインしてお散歩ツアーにご参加ください。もうすぐ蛍も飛び始めます。

【里山十帖のご予約は】
里山十帖の予約がもっとも取りやすいのが6月。山菜も終わってしかも梅雨入りするためですが、今年は山菜もまだあります! しかも新潟が梅雨らしくなるのは7月に入ってから。「トンネルを抜けたら晴れだった!」をぜひ体験してください。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/ASPY0000Calendaronly.asp?cod1=67480&cod2=001&dsp=0&lnk=on&mode&hchannel&kasho&dflt=2017%2F06%2F02

2017-06-14 | Posted in foodNo Comments » 

 

山菜シーズンもラストですが、今日も里山十帖のキッチンスタッフは山へ

01

山菜シーズンもラストですが、今日も里山十帖のキッチンスタッフは山へ。
今年は気温が低く、山の上にはまだ雪が残っています。そのおかげで名残の山菜が手に入ります。その日によって品数は変わりますが、山菜料理は継続中。地味だけど「滋味溢れる」料理をご提供しています。
6月23日には料理家の川上ミホさんとのコラボレーションディナーも開催。こちらは日帰り参加枠に若干の余裕があります。
ぜひ春の爽やかな風を感じに、里山十帖へお越しください。

【里山十帖のご予約は】
里山十帖の予約がもっとも取りやすいのが6月。山菜も終わってしかも梅雨入りするためですが、今年は山菜もまだあります! しかも新潟が梅雨らしくなるのは7月に入ってから。「トンネルを抜けたら晴れだった!」をぜひ体験してください。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

02

03

04

05

 

2017-06-11 | Posted in food, seasonsNo Comments » 

 

山には雪が残っていて、ブナの緑と水鏡が最高です

01

里山十帖、今日の周辺。山には雪が残っていて、ブナの緑と水鏡が最高です。花も咲き乱れてまるで天国のよう。山に響く鳥のさえずりをお届けできないのが残念です。
来週の平日、里山十帖には空室があります。ぜひご利用ください。

【里山十帖のご予約は】
梅雨入りしたようですが、新潟が梅雨らしくなるのは7月に入ってから。6月下旬になると蛍も舞い始めます。
「トンネルを抜けたら晴れだった!」をぜひ体験してください。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

02

03

04

05

06

07

08

2017-06-09 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

「里山十帖」今年の山菜料理。

01

里山十帖の春は山菜づくし。毎日のようにスタッフが残雪を求めて山に入っています。今年は雪が多かったので、まだ山奥の沢筋には残雪があって、その周辺にはフキノトウが出ていたりします。つまり同じ山でも場所によって季節が2ヶ月違うのです。

そんな山菜を丁寧に下ごしらえして、それぞれの味を生かすようにギリギリの塩分を加えて料理しています。もちろん調味料はすべて無添加・天然醸造。本当に美味しい調味料でないと、天然の味は活かせません。

そしてもう一つ。里山十帖の料理で特徴なのは、砂糖を使わないこと。人間の舌に「旨味」を感じてもらうには、砂糖、塩、脂を加えるのが王道なのですが、入れすぎると「素材と調味料のハーモニー」ではなく「調味料のハーモニー」になってしまいます。特に精製した上砂糖は化学調味料の次に刺激が強いので、里山十帖では使用しません。(もちろん化学調味料も使いません)

地味だけど「滋味」。最初は薄味に感じるかもしれませんが、舌が慣れてくるほどに「山の力」を感じていただけると思います。

今年は雪が多かったので6月中旬までは山菜をご提供できると思います。名残の山菜は下旬まで。ちなみに「花のサラダ」は山に自生している花を採取してきています。
ぜひ、春の里山十帖へお越しください。

【里山十帖のご予約は】
6月〜7月上旬は里山十帖の予約がいちばん取りやすい時期。梅雨で敬遠されるのですが、6月の南魚沼はほとんど晴れ。東京と天気が真逆なので、東京が梅雨入りすると南魚沼はスカッと晴れている日が多いのです。私たちは東京出張の時に困るのですが、お客様にとっては「トンネルの向こうは晴れだった!」となり、最高ですよ。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

02

03

04

05

06

07

08

09

 

2017-06-03 | Posted in food, seasonsNo Comments » 

 

6月下旬、里山十帖の裏に広がる田んぼに蛍が舞い始めます

01
6月下旬、里山十帖の裏に広がる田んぼに蛍が舞い始めます。
その年によって数も出てくる時期も異なりますが、だいたい20日頃から飛び始めて、7月中旬にはいなくなるようです。
夜遅くなりと蛍は活動しなくなるので、見頃は日没後の20時頃。日中が蒸し暑いほど活発に飛び回ります。いまや、完全に自然繁殖している蛍はすごく貴重。
ぜひ新緑&蛍を楽しみに新潟・南魚沼へお越しください!

【里山十帖のご予約は】
6月〜7月上旬は里山十帖の予約がいちばん取りやすい時期。梅雨で敬遠されるのですが、6月の南魚沼はほとんど晴れ。東京と天気が真逆なので、東京が梅雨入りすると南魚沼はスカッと晴れている日が多いのです。私たちは東京出張の時に困るのですが、お客様にとっては「トンネルの向こうは晴れだった!」となり最高ですよ。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/ASPY0000Calendaronly.asp?cod1=67480&cod2=001&dsp=0&lnk=on&mode&hchannel&kasho&dflt=2017%2F06%2F01
2017-06-02 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

「里山十帖」のある新潟・南魚沼に現れた夕焼け

01

ちょうど1週間前。「里山十帖」のある新潟・南魚沼に現れた夕焼け。この時期、山には残雪、山裾はブナの新緑、田んぼは水鏡。雨上がりの夕暮れには最高の景色が広がります。
6月の南魚沼はほとんど晴れ。東京と天気が真逆なので、東京が梅雨入りすると南魚沼はスカッと晴れている日が多いのです。
私たちは東京出張の時に困るのですが、お客様にとっては「トンネルの向こうは晴れだった!」となり最高ですよね。

ちなみに6月〜7月上旬は里山十帖の予約がいちばん取りやすい時期。山菜が終わりかけているからなのと、梅雨だから敬遠されるのですが、景色は最高ですよ! 山菜も20日頃まではご提供できます。

ぜひ春の新潟・南魚沼にお越しください!

【里山十帖のご予約は】
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

02

03

04

05

 

2017-06-01 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

里山十帖を楽しむ、最高の季節がやってきました!

01

美しい「水鏡」に、山菜料理。フィトンチット濃厚な6月がいよいよ始まります。
里山十帖を楽しむ、最高の季節がやってきました!

ちなみに、新潟・魚沼の梅雨は、関東地方より実質、かなり遅め。梅雨入りはしても雨雲が上信越国境の山々にブロックされて、関東は雨でも新潟は晴れ、という日が続き、事実上(経験上)、実は6月の南魚沼はほとんど雨が降りません。
梅雨入りするとほとんどの日が、「関東が雨なら魚沼は晴れ」。逆に「関東が晴れなら魚沼が雨」という逆転天気。つまり魚沼の晴天率はかなり高かったりします。

「水鏡」は田んぼに水が入る(5月中旬)〜田植え直後の6月いっぱい限定のお楽しみ。(稲が成長すると水が見えなくなっちゃうのです)
皆さん、ぜひ、6月の里山十帖へ

02

03

04

05

 

2017-05-31 | Posted in area guide, food, seasonsNo Comments » 

 

先週の日曜日は田植えイベントのダブルヘッダー

01

里山十帖、先週の日曜日は田植えイベントのダブルヘッダー。午前はNPO法人「KIDS SAVER」、午後はミシュランガイド東京のスターシェフが中心となった“未来の食を考えるNPO法人”「FUUDO」の田植え。里山十帖のスタッフは朝3時からおにぎりを握ったり、田植えの準備をしたり。

早朝はあいにくの雨でしたが、「KIDS SAVER」の田植えが始まる頃には小雨がパラつく程度になって、午後の「FUUDO」が始まると晴れ間が! 気温も低くて最高の田植え日和でした。
そして田植えの後には、里山十帖の特設屋外テントの下で「早苗饗(さなぶり)」。参加者の皆さんと山菜の宴を楽しみました。
今週末にも一般のお客様を対象にした田植えイベントを開催。宿泊での参加は定員いっぱい(満室)ですが、日帰り参加(田植え+夕食)には若干の余裕があります。ご興味のある方はぜひご参加ください!
▼Facebookイベントページはこちら
http://bit.ly/2r5NwMb

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

2017-05-29 | Posted in event, seasonsNo Comments » 

 

残雪と新緑と露天風呂

01

この季節の南魚沼は涙が出るほど美しい風景が広がっています。
新幹線でわずか1時間30分。ぜひ、目の保養に! 新潟・南魚沼へお越しください。

2017-05-26 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

素敵な夕陽と田んぼの「水鏡」

01

今日の魚沼の景色です。

周囲の森には鳥の声が響き、田んぼからは蛙の鳴き声。
料理は山菜づくしと、里山十帖を楽しむ、最高の季節がやってきました。

ちなみに、新潟・魚沼の梅雨は、関東地方より実質、かなり遅め。梅雨入りはしても雨雲が上信越国境の山々にブロックされて、関東は雨でも新潟は晴れ、という日が続きます。
梅雨入りするとほとんどの日が、「関東が雨なら魚沼は晴れ」。逆に「関東が晴れなら魚沼が雨」という逆転天気。つまり魚沼の晴天率はかなり高かったりします。
新潟の梅雨が本格的になるのは例年6月下旬以降。
ぜひ新緑と水鏡の美しい里山十帖へお越しください!

2017-05-25 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

気分爽快! 絶景露天風呂!

01

湯加減整え、皆様のご来館をお待ちしております。

【里山十帖 空室情報】
5/21 日曜日。キャンセルによる空室が1室あります。
5/22、23、26は2室ずつ空室有り。里山十帖・自慢の山菜料理をぜひ楽しみにいらしてください!
www.satoyama-jujo.com

2017-05-15 | Posted in seasonsNo Comments » 

 

山菜料理が旬を迎えています

01

「里山十帖」の山菜料理が旬を迎えています。キッチンスタッフは毎日裏山へ。料理する分だけを少しずつ採取しています。
そしてキッチンに戻ってからは丁寧に下処理。枯れ葉や枯れ草を取り除いて、さらに料理に合わせて下処理をしていきます。
硬くなって通常は食べられない部分も細かく刻んでソースにしたり、根っこをハーブの代わりに使ったり、干してお茶にしたり。全草を余すところなく「いただく」のが里山十帖の山菜料理なのです。

「いつ頃に何を食べられますか?」とご質問をいただくことも多いのですが、採れる山菜が毎日のように変わっていくので、だいたい3日ごとに内容が変わって、3週間もするとほぼ全ての料理が変わっていきます。
なので、山菜の種類はお越しいただいてからのお楽しみ。山菜の種類が多いのは5月末までで、6月に入ると徐々に品数が少なくなって、下旬になると数品のご提供になります。

大自然の恵みを身体に入れると、不思議なパワーがみなぎります。ぜひ春の新潟・魚沼へお越しください。

【里山十帖 空室情報】
本日、日曜日、明日の月曜日、キャンセルによる空室が1室あります。本日分のご予約はお電話でも受付しております。皆様のお越しをお待ちしております!
025-783-6777
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000calendaronly.asp…

02

03

04

05

06

07

08

2017-05-14 | Posted in food, seasonsNo Comments » 

 

川上ミホさんを迎えての食事会「山菜料理の伝統と革新」

01

4月24日に行われた「草喰なかひがし」の中東久雄さんとの会に続いて、6月23日、料理家の川上ミホさんを迎えての食事会が里山十帖で開かれます。
今回のテーマは「山菜料理の伝統と革新」。川上ミホさんと、里山十帖のフードディレクター北崎裕、野菜料理を専門とする桑木野恵子の3人で山菜料理の可能性を探ります。単なる食事会ではなく、16時から山に入って名残の山菜を収穫。収穫することからディナーが始まります。ぜひ、ご参加ください。

川上ミホ/2014年、目黒区東山にプライベート・レストラン「5 quinto」をオープン。2015年、『Louis Vuitton city guide TOKYO 版』掲載など、注目を集める。イタリアンと和食をベースにしたシンプルでストーリーのあるレシピとスタイリングに定評がある。JSA認定ソムリエ。AISO認定オリーブオイルソムリエ。

■ご宿泊での参加をご希望の方へ

ご予約は、以下URLよりどうぞ。残室わずかです!
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/di/…

写真撮影 / Jimmy ming shum(人物) , 川上輝明(料理)

2017-05-10 | Posted in event, foodNo Comments »