blog

田んぼから、お米の、食の、未来を考える。 – 南魚沼産コシヒカリ稲刈り体験イベント –

01

田んぼから、お米の、食の、未来を考える。
– 南魚沼産コシヒカリ稲刈り体験イベント –

知っているようで、実はよく知らなかった、お米づくりの産地の環境、現場の事情。
自分の目で、耳で、手足で、体験してみませんか?

作業の後は、里山十帖のレストラン「早苗饗」で、みんなそろってお祝い料理。
夕食は「ミシュランガイド関西」3ッ星の料理店で修業したフード・クリエイターが「里山十帖」コースのスペシャルバージョンをご用意します。
通常はお子様のご利用は小学生高学年以上の方とさせていただいておりますが、この日に限り、お子様のご宿泊もお部屋を問わずOKです!ただし着席ディナーですので、静かに2時間座っていられるお子様限定とさせていただきます。

【一日の流れ(予定)】
11:45 里山十帖に集合
12:00 田んぼに移動し、まずはコシヒカリのおにぎりでランチ
12:30 作業開始! 田んぼに入って稲刈り(手刈り)をします。
15:30 作業終了、里山十帖に戻ってチェックイン。温泉で汗を流したり、ラウンジで寛いだり。
17:30 夕食開始。ご参加の皆様みんなでそろってお祝い料理をお召し上がりいただきます。
解散後は、翌日のチェックアウトまでご自由にお過ごしください。
※客室を含め、全館禁煙です。

【ご予約方法について】

■日帰り参加をご希望の方へ(先着15名さま)
参加費は夕食(飲み物)込みでお一人様2万5000円(税別)。南魚沼市在住の方は1万3000円です。事前にご予約の上、当日は11:45までに里山十帖までお越しください。
※食事の用意をご希望のお子様は、お一人様2万円です(税別)。
※大人と料理を取り分けで良いお子様(小学校低学年まで)は、参加費として5,000円頂戴いたします。
※稲刈りのみの参加はできませんので、ご了承ください。

参加ご希望の方は、facebookにて「参加」としてください。
参加費は、当日お越しの際に、受付にてお支払いくださいませ。
Facebookイベントページ

■ご宿泊での参加をご希望の方へ

ご予約は、以下URLよりどうぞ。
https://directin.jp/?y=A2ZEF5

【服装について】
・素肌に稲の葉が触ると、かぶれたり、かゆくなるので、長袖・長ズボンがおすすめです。
・雨天決行です。レインウェアをお持ちの方はご持参ください。
雨が降ると特に寒くなりますので、レインウェアは防寒具としても大活躍します。
里山十帖でもビニール製のレインウェアをご用意しますが、蒸れるのと、雨が入り込みますので、
ご自身のレインウェアがおすすめです。
・帽子とタオルはご持参ください。
・長靴、鎌は貸し出しいたします。

何かご不明点がありましたら、以下までメールくださいませ。
メール送り先:info@satoyama-jujo.com

2017-08-19 | Posted in area activities, event, plans/offersNo Comments » 

 

里山十帖 空室情報

01

皆さん、いい夏休みをお過ごしですか? 里山十帖は8月20日に1室、23日に3室、24日、27日に1室、それぞれ空室があります。「まだ夏休みを取れていないんだよなぁ」という方、ぜひ里山十帖にお越しください。
ただいま、夏の伝統野菜(在来野菜)がさまざまな形になって料理に。京都や金沢よりの伝統野菜(在来野菜)が豊富な新潟。貴重な伝統野菜を味わうなら「今」がいちばんです!
ちなみに料理内容はほぼ毎日変わります。夏休みは連泊のお客様も多くいらっしゃいますが、なかには5連泊という方も。里山十帖では5連泊でも7連泊でも毎日料理が変わります!

2017-08-15 | Posted in about, blogNo Comments » 

 

テーブルを囲もう。裏山common

01

「秋の土用と冬支度」自然とつながる旧暦の暮らし方

日本の四季に寄り添い、季節感あふれる食と暮らしを提案する料理研究家の植松良枝さんをゲストに迎え、「秋の土用と冬支度」をテーマに土用をたしなむ暮らし方を提案いたします。

いま、旧暦の ’ 暦 ‘ を意識して生活に取り入れた暮らしが見直されています。
「土用」とは、旧暦の考え方で「春・夏・秋・冬」の四季に加えて、それぞれの季節をつなぐ「次の季節への準備期間」。
なんと年に4回もあるのです。自然の変化をとらえ、「土用」の時期に前の季節のエネルギーのピークをリセットし、しっかりと次への準備をしておく。日々の暮らしを豊かにする「土用」の取り入れ方のコツをつかみましょう。

当日は、15時から秋の紅葉を楽しむ散歩に出かけ、木の実や木の蔓を集め、リース作りを行います!自然のものをつかったオリジナルのリース作りをお楽しみください。季節に合わせたお茶とお菓子もご用意いたします。
夕食は会食形式で、魚沼の旬の食材を使い、里山の恵みに「秋の土用」を活かしたディナーをご用意します。

<Time Schedule>
14:00 チェックイン
15:00 秋の山歩き。秋の紅葉を楽しむ散策にでかけ、自然の木の実などを集め、リース作りを行います。     里山の養生茶で体をいたわりましょう。
17:00 里山十帖に戻って、お風呂に入ったり。お部屋にくつろいだり。
18:00 魚沼の野菜をつかった「里山の秋の土用の恵み」をお楽しみください。
20:00 ディナー終了後は、館内でゆっくりお過ごしください。

植松良枝/料理研究家。食材の旬を大切に、季節感溢れる料理を提案。野菜をもっとよく知りたいと始めた野菜作りはもはやライフワークとなっており、近年ではハーブ栽培にも力を入れる。 旅好きでも知られ、その土地ならではの食文化や暮らし方、生活道具にも深い関心を寄せている。『春夏秋冬 暦で暮らす』(主婦と生活社)など著書多数。

■ご宿泊での参加をご希望の方へ

ご予約は、以下URLよりどうぞ。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/ASPP0200.asp…

■日帰り参加をご希望の方へ(先着10名さま)
参加費は夕食(飲み物)込みでお一人様2万5000円(税込)。南魚沼市在住の方は1万3000円(税込)です。事前にご予約の上、当日は15:00までにお越しください。

参加ご希望の方はFacebookページで「参加」としてください。 >>>Facebookイベントページ
参加費は、当日お越しの際に、受付にてお支払いくださいませ。

※客室を含め、全館禁煙です。

2017-08-12 | Posted in event, foodNo Comments » 

 

夏の締めくくりに、里山十帖へ美味しい料理を食べに来ませんか?

01

夏の締めくくりに、里山十帖へ美味しい料理を食べに来ませんか?

8月25日は、料理家・遠藤千恵さんをゲストシェフに迎えて、1日限りのコラボレーションディナーを開催。「料理のエッセンス・彩り豊かな夏野菜と器の競演」をテーマに、新しい野菜料理の世界を探ります。

「な〜んだ。野菜料理かぁ」と言わないでください。実は新潟は京都や金沢を上回る伝統野菜王国。いわゆる固定種、在来種と言われる野菜が今でも数多く残っているのです。今では京都や金沢の料理屋でもなかなか手に入らない「本物の伝統野菜」を使った、新しい野菜料理をみなさんに体験していただきたいと考えています。

当日は、陶芸家の船串篤司さん、Keicondoさんと料理家の遠藤千恵さん、里山十帖のクリエイティブ・ディレクター岩佐十良の4人で、器と料理について作り手とともに考えるトークイベントも行います。

新潟を代表する伝統野菜である数々のナスをはじめ、神楽南蛮、糸瓜、そして里山ガーデンのハーブを使った料理と器のコラボレーションをぜひお楽しみください。

※写真は過去のイベントの料理です。

<Time Schedule>

14:00 チェックイン開始。通常は15時からのチェックインですが、この日限定で14時から。
15:00 器と料理について作り手とともに考えるトークイベント。
16:00 トークイベント終了後は、温泉につかったり、散歩に出かけたり。ご夕食までゆっくりお過ごしください。
17:30 前菜を盛りつけよう!夕食のダイニングに集まり、参加する皆さんにも実際に器に盛りつけていただきます。オリジナルの一皿を作りましょう!
18:00 コラボレーションディナーのスタート。ここから先は遠藤千恵さんと里山のキッチンスタッフによる料理をご提供します。
※皆様での会食となります。
20:00 ディナー終了後は、チェックアウトまでゆっくりお過ごしください。

遠藤千恵/料理家・ties代表。大学卒業後、国際線客室乗務員として勤務したのち、料理学校アシスタント、レストラン勤務、都立大学「マルカン」のシェフを経て独立。谷戸の自然豊かな神奈川・中山を拠点に、四季折々の野菜が持つ本質的な美味しさと美しさを活かした出張料理、メニュー制作を行う。2016年より二十四節気に沿った台所の手仕事をともに行う「手しごとの会」を主宰。

船串篤司/茨城県笠間市にて活動する陶芸家。1979年茨城県水戸市生まれ。2003年に酒井芳樹氏に師事を仰ぎ、2008年茨城県窯業指導所釉薬I科修了。2009年笠間市にて独立。「清ら工房」主宰。

Keicondo/1981年茨城県笠間市生まれ。様々な勉強や仕事を経験し、2009年笠間にて独立。世界中の食卓へ向けて、スタイルのある器を提案している。

■ご宿泊での参加をご希望の方へ

ご予約は、以下URLよりどうぞ。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/di/…

■日帰り参加をご希望の方へ(先着15名さま)
参加費は夕食(飲み物)込みでお一人様2万5000円(税込)。南魚沼市在住の方は1万3000円(税込)です。事前にご予約の上、当日は15:00までにお越しください。

参加ご希望の方は下記のページで「参加」としてください。
参加費は、当日お越しの際に、受付にてお支払いください。

https://www.facebook.com/events/1268195243279227/?acontext=%7B%22source%22%3A5%2C%22page_id_source%22%3A216695658384990%2C%22action_history%22%3A[%7B%22surface%22%3A%22page%22%2C%22mechanism%22%3A%22main_list%22%2C%22extra_data%22%3A%22%7B%5C%22page_id%5C%22%3A216695658384990%2C%5C%22tour_id%5C%22%3Anull%7D%22%7D]%2C%22has_source%22%3Atrue%7D

◼︎里山十帖へのアクセス
里山十帖までのアクセスはこちらをご覧ください。
http://www.satoyama-jujo.com/stay/access.php

※客室を含め、全館禁煙です。

02

03

 

04

05

06

2017-08-07 | Posted in event, foodNo Comments » 

 

満天の星空と絶景露天風呂が、皆様のお越しをお待ちしています!

01

【里山十帖 空室情報】
明日、8月6日と7日に、若干の空室があります!
7月中旬にまとまったキャンセルがあって、その後少しずつご予約いただいていたのですが、現時点で6日に3室、7日に2室の空室があります。その後は満室が続いていますので、もし明日、明後日に休みが取れる方がいらっしゃれば、ぜひご利用ください!

満天の星空と絶景露天風呂が、皆様のお越しをお待ちしています!

https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000calendaronly.asp…

2017-08-05 | Posted in seasonsNo Comments » 

 

中荒沢万年雪/里山十帖・夏のオススメスポット⑤

01

【里山十帖・夏のオススメスポット5】中荒沢万年雪

朝晩は長袖が必要な新潟・魚沼。山の上には雪が残っています!

今日ご紹介するのは「中荒沢万年雪」。地形に興味のある方ならおわかりのとおり、この「カール」地形は、1万年前の氷河期にここが氷河だったことを物語っています。
現在の雪は万年雪とはいっても氷河のように数千年・数万年堆積しているものではないのではありませんが、昔、ここに氷河があったことを想像しながら眺めると、涼しさ以上のロマンがあります。

中荒沢万年雪は林道終点から歩いてわずか25分というのがポイント。銀山平キャンプ場の管理エリア内にあるため入山料200円がかかりますが、絶景維持基金だと思えば安いもの。ぜひ里山十帖に泊まった翌日は、「中荒沢万年雪」を目指してくださいね。

【注意事項】
・徒歩25分とはいっても山道です。サンダルやヒールはケガのもとなので、歩きやすいスニーカーなどを必ず履いてください。
・危険箇所にはロープが張ってあります。ロープをくぐらないでください。
・万年雪の上には登らないでください。雪が薄くなっている部分があり大変危険です。雪が陥没して落ちた死亡事故が発生しています。
【行き方】
関越自動車道小出インターから国道352号線、奥只見シルバーラインで約40分。奥只見湖・銀山平方面を目指して走る。銀山平キャンプ場入り口で入山料を払って林道終点へ。路肩に車を止めて登山道を片道約25分。里山十帖から小出インターまでは約20分。

【里山十帖 予約情報】
明日の日曜日、8月6日に空室があります! ぜひご利用ください。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000calendaronly.asp…

02

03

04

05

2017-08-05 | Posted in area guide, plans/offers, seasonsNo Comments » 

 

2018年 長岡まつり花火大会 観覧ツアープラン

01

日本三大花火に数えられる「長岡まつり」花火大会が終了しました! 毎年、ご好評をいただいている特製の花火弁当は、今年から4段重にバージョンアップ。テーブル&椅子席で新潟ワインを楽しみながら、優雅に食事を楽しんでいただきました。

毎年、花火の開催日には翌年のツアープランが満室になってしまう人気企画。2年後、3年後の予約まで入ってしまっていたため、来年からは「抽選」にさせていただくことになりました。

長岡花火は毎年8月2日、3日の開催。参加ご希望の方は、お早めにメールでお申し込みください。

【2018年 長岡まつり花火大会 観覧ツアープラン】
お申し込みはメールのみ承っております。申し込み期限は2017年9月30日、当落発表は2017年10月中旬を予定しております。

お申込みメール送り先:info@satoyama-jujo.com

「代表者氏名・電話番号・参加希望人数・メールアドレス」を必ず書いてお送りください。

※部屋は当選順となり、お選びいただけません。あらかじめご了承ください
※お支払いは事前振込のみで、当選後のキャンセルは基本的に承ることができません。
万が一、当選後にキャンセルされる場合は、以下の通りキャンセルチャージを申し受けます。

90日前 10%
14日前 30%
6日前 50%
3日前 100%

各部屋、1名様あたりの料金(税別)は以下の通りです。
(1泊2食、往復バス送迎+指定席+花火弁当+夕食時ドリンク代を含みます)
※当日、1名様でのご宿泊利用は承っておりません。
※リピーターチケットのご利用はできませんので、あらかじめご了承ください。

201号室:2名利用時 47,800円(税別)/名
3名利用時 40,800円(税別)/名
4名利用時 37,300円(税別)/名
202号室:2名利用時 47,800円(税別)/名
3名利用時 40,800円(税別)/名
203号室:2名利用時 41,300円(税別)/名
204号室:2名利用時 43,800円(税別)/名
205号室:2名利用時 43,800円(税別)/名
3名利用時 38,135円(税別)/名
4名利用時 35,300円(税別)/名
206号室:2名利用時 36,800円(税別)/名
207号室:2名利用時 36,800円(税別)/名
301号室:2名利用時 42,800円(税別)/名
3名利用時 33,467円(税別)/名
302号室:2名利用時 42,800円(税別)/名
303号室:2名利用時 43,800円(税別)/名
304号室:2名利用時 37,800円(税別)/名
3名利用時 34,135円(税別)/名
4名利用時 32,800円(税別)/名
305号室:2名利用時 37,800円(税別)/名
3名利用時 34,135円(税別)/名
101号室:2名利用時 45,800円(税別)/名

写真提供 NPOフェニックス

02

03

04

05

2017-08-04 | Posted in area guide, event, plans/offersNo Comments » 

 

テーブルを囲もう。 裏山common

01

「ミシュランガイド東京」スターシェフ 目黒『ラッセ』村山太一シェフの料理を楽しむ会。

ゲスト/村山太一(シェフ)

マンマの味と郷土の味。
村山太一の源流を探る。

村山太一シェフの出身は、新潟県旧中里村(現・十日町市)。里山十帖のある南魚沼市とはすぐ隣という位置関係です。 さらに。里山十帖の北崎裕は京都下鴨『京懐石 吉泉』(現・ミシュランガイド京都・大阪 三つ星)で修業していますが、実は村山太一シェフはイタリアンを目指す前、吉泉で修業。 北崎と同時代を吉泉で過ごし、北崎にとっては兄弟子にあたるのです。
そんな関係から実現した「村山太一シェフの料理を楽しむ会」。テーマは「マンマの味と郷土の味。村山太一の源流を探る」。 イタリアのマンマの味を大切にする村山シェフが、新潟・魚沼の素材で料理を作ります。

村山太一シェフ
1975年、新潟県旧中里村(現・十日町市)生まれ。二つ星2店を経験し、三つ星『ダル・ぺスカトーレ』で修業。 シェフであるナディア・サンティーニのもとで徹底的にイタリア料理を学んだ。 ダル・ぺスカトーレは、シェフ・ナディアの不在時は店をクローズにするほどクオリティを守っていたが、 村山氏が副料理長に就任してからはダル・ぺスカトーレ史上はじめてナディア不在時に厨房を任され、営業するようになった。 7年半のイタリア修業後、2008年帰国した村山氏は2011年5月12日、イタリアンレストラン「L’asse」を目黒にオープン。 「ミシュランガイド東京」では2012年から連続して一つ星獲得している。

■ご宿泊での参加をご希望の方へ
ご予約は、以下URLよりどうぞ。
https://directin.jp/?y=A3ENV0

■日帰り参加をご希望の方へ(先着10名さま)
参加費は夕食(飲み物)込みでお一人様2万5000円(税込)。南魚沼市在住の方は1万3000円(税込)です。

参加ご希望の方はこのページで「参加」としてください。
参加費は、当日お越しの際に、受付にてお支払いくださいませ。

※客室を含め、全館禁煙です。

2017-07-31 | Posted in event, foodNo Comments » 

 

新潟・魚沼の夏といえば「大地の芸術祭」ー里山十帖・夏のオススメスポット④

01

【里山十帖・夏のオススメスポット4】

新潟・魚沼の夏といえば「大地の芸術祭」。本祭は3年に一度ですが、それ以外の期間も常設展示が多数。そして今年の夏も「越後妻有2017」が開催されます。
8月5日から20日の期間中には、各地での企画展、ライブなどが開かれるほか、前回の本祭で大人気だった、地元女衆による演劇仕立ての上郷クローブ座レストラン(予約制)もオープンします。

宿泊されたお客様からは「越後妻有と魚沼って同じ地域なの?」と、よくご質問をいただくのですが、越後妻有とは新潟県魚沼地方と頸城地方の一部地域に名付けられた新名称。里山十帖の建つ場所は開催地の十日町市との市境で(里山十帖があるのは南魚沼市)、トンネルを抜けるとそこは十日町市なのです。

ちなみに里山十帖のスタッフおすすめは「光の館」「まつだい農舞台」「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」。食事は農舞台のなかにある「里山食堂」がおすすめです。

期間中、里山十帖は、6、7、17、18、20日に若干の空室があります。ぜひ夏の魚沼にお越しください。

【里山十帖・予約サイト】
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000calendaronly.asp…

【大地の芸術祭の里・イベントカレンダー】
http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/

02

03

04

05

2017-07-31 | Posted in area guide, plans/offers, seasonsNo Comments » 

 

「三国街道旧塩沢宿・牧之通り」にあるカフェ「OHGIYA」/里山十帖・夏のオススメスポット③/里山十帖周辺・おすすめカフェ③

01

【里山十帖・夏のオススメスポット3】

「ちょっと軽くお茶して帰りたいんですが」。そんなお客様にオススメしているのが、「三国街道旧塩沢宿・牧之通り」にあるカフェ「OHGIYA」(おうぎや)。

「牧之通り」は昔ながらの雁木(がんぎ)を再現した、風情あふれる町並み。雁木とは雪を避けるためのアーケードのような屋根のことで、平成23年度の都市景観大賞も受賞しています。

OHGIYAはそんな街並みのいちばん塩沢駅より、「鶴齢」で有名な青木酒造の斜め前にあります。雁木造の牧之通りにしっくり馴染む、蔵造りのカフェ。ハンス・ウェグナーの「サークルチェア」(pp130)、本棚はブックディレクターの幅允孝さんが手がけている贅沢な空間です。

コーヒーは「鶴齢」の仕込み水、名物のワッフルは塩沢産コシヒカリの米粉使用というこだわりメニューもポイントです。国産小麦粉+米粉+酒米粉+豆乳をブレンドしたというワッフルはバターを使っていないのでとってもヘルシー。スイーツとしてだけでなく、ランチメニューとしても登場します。

OHGIYAは里山十帖から車で7〜8分。電車派にも便利で、里山十帖の最寄り駅「大沢」からオオギヤカフェの最寄りの「塩沢」駅までは2駅、駅から歩いて5分ほどです。

「OHGIYA」
南魚沼市塩沢181-1
電話:025-775-7701
営業:10時30分〜17時30分
休み:水曜日
http://www.ohgiya-cafe.com/

02

03

04

05

06

2017-07-30 | Posted in area guide, food, plans/offersNo Comments » 

 

石窯焼のピザが食べられる「タヴェルナ・ヴィチーニ」/里山十帖・夏のオススメスポット②/里山十帖周辺・おすすめカフェ②

01

【里山十帖・夏のオススメスポット2】

「帰りに立ち寄れるおすすめのカフェはないですか?」
そんなご質問をいただいたときに、自信をもっておすすめするのが、大源太湖畔にある「タヴェルナ・ヴィチーニ」。湖からちょっと離れているので、店から湖は見えませんが、すぐ隣に清流があって周囲は大自然。フィトンチッドとマイナスイオンが溢れていることを実感できます。

本店が岩原スキー場にあるピザの名店「ピットーレ」なだけに、ここでも石窯焼のピザが食べられるのがポイント。私たち里山十帖のスタッフも休日によく利用します。

オススメメニューはピザのほか、窯焼きチーズ、ニョッキゴルゴンゾーラ。ピットーレの使っているチーズは品質がいいので、胃もたれしないのも特徴です。
薪が燃える香りがたちこめる店内もいい雰囲気ですが、おすすめはテラス席。川の音、森の香りを感じながらのひとときは、旅の締めくくりにぴったりです。

「タヴェルナ・ヴィチーニ」は湯沢インターから約20分。里山十帖からは約40分。風の心地いい日にぜひ訪ねて欲しいお店です。

【里山十帖・夏の予約状況】
8月10日から16日は満室ですが、その前後にはまだ若干の空室があります。毎日、少しずつご予約いただいていますので、お早めにご予約ください。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000calendaronly.asp…

02

03

04

2017-07-27 | Posted in area guide, food, plans/offersNo Comments » 

 

日本一うまいトコロテン/里山十帖・夏のオススメスポット①

01

毎日、暑い日が続いていますが、里山十帖周辺の朝晩は20度前後まで冷え込みます。「昼間は暑くても夜は山からの涼しい風が吹き抜ける」。それが里山ならではの心地よさです。

とはいえ、日中は涼を求めてどこかに出かけたいところ。そんな時にオススメなのが「日本一うまいトコロテン」。キャッチコピーではなく、「日本一うまいトコロテン」という店名なのです!!

お店があるのは里山十帖から車で1時間強、ほくほく線の大島駅近く。県道から右にすこし入った緑の中に店があります。店内の一角には「新潟県の名水」にも選ばれている岩清水が引かれていて、トコロテンに使われているのもこの清水。

明治時代の創業からずっと同じ作り方を守っているそうで、最近のトコロテンにはない、ぷりんとしたコシのある歯ごたえと、豊かな海藻の香りが楽しめます。

メニューにはカキ氷などもありますが、まずはやっぱり名物の「トコロテン」。。すると写真のとおり箸が「一本」だけついてきます。これは昔から一部の地域で伝統的に食べられている方法。全国に弘法大師が行脚した折、杖でついた場所から清水や温泉が湧き出すという伝説が残っていますが、その「弘法大師の一本杖」にあやかって、一本箸で食べるのだとか。

また、ところてんは日持ちがせず、数日して古くなると持ち上げようとしてもポロポロとちぎれてしまいます。こうなると、とても箸1本では食べられません。そこで、新鮮さの証として一本箸で食べるようになった、という説もあるそうです。

レトロな雰囲気の店は、半オープンエアー。風が吹き抜けて最高に気持ちいいのです。周辺の高校生が部活動帰りに立ち寄っていたりして、なんとも素朴な雰囲気。こんな美味しくて健康的なおやつを食べられる高校生は、本当に幸せだなぁ、と思ってしまいます。

ちなみに周辺は棚田の名所。国道235号や403号を走ると、あちらこちらで美しい棚田が眺められます。里山十帖の帰りには、棚田を眺めながらドライブして、「日本一うまいトコロテン」を食べて、上信越道の上越インターを目指す。そんな旅はいかがでしょうか?
上越まで足を延ばすなら、その日は妙高高原に泊まったり、富山や金沢を目指すのもオススメです。

日本一うまいトコロテン
〒942-1104 新潟県上越市大島区下達460−2
025-594-3701
営業は4月第4土曜から10月の体育の日のみ。9:00~18:00
期間中は無休。
ちなみに、ほくほく大島駅から徒歩でも10分ほどで行けますが、電車は1時間に1本程度なのでご注意を。

【里山十帖 予約情報】
今週末は「フジロック」。毎年のことなのですが、フジロックは直前キャンセルが出ます(涙)。そして今年も土曜日、日曜日にキャンセルが数室出ています! 越後湯沢は混雑していますが、里山十帖は喧騒とは別世界。静かな休日をお過ごしください!

https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000calendaronly.asp…

02

03

04

05

2017-07-26 | Posted in area guide, food, plans/offersNo Comments » 

 

「黄金の茶会」マクロビオティック点心で実りの秋を楽しむ

01

「黄金の茶会」マクロビオティック点心で実りの秋を楽しむ

茶人であり裏千家茶道准教授の松村宗亮さんと、陶芸家の金理有さん、マクロビオティックの第一人者である中美恵さんをゲストに迎え、黄金色に輝く田んぼの真ん中でお茶会を開催します!

里山十帖に集合していただいたのち、まずは懐石代わりにマクロビオティック点心を。その後、濃茶、薄茶をお楽しみいただきます。
濃茶席は山々を望む里山十帖の田んぼのど真ん中。ぐるりと稲穂に囲まれた席で聞こえてくるのは、風にたなびく稲穂が揺れる音。秋の恵みに感謝して一服お楽しみください。薄茶席は里山十帖の館内です。夕食は会食形式で里山十帖の秋の恵みを。
ご希望によって、ベジタリアン、ヴィーガンにも対応いたします。
なお当日は11:30集合の第一グループと、13:00集合の第二グループに分けさせていただきます。

<Time Schedule>
第1グループ
11:30 里山十帖に集合
12:00 点心席
13:15 田んぼの濃茶席、館内の薄茶席へ(席の関係で9名様ずつ)
14:15 交代して、濃茶、薄茶
15:00 チェックイン。周辺を散歩したり、お部屋でくつろいだり。そしてゆっくり温泉をお楽しみください。

第2グループ
13:00 里山十帖に集合
13:30 点心席
14:30 離席して、先にチェックイン
15:00 田んぼの濃茶席、館内の薄茶席へ
16:00 交代して、濃茶、薄茶
17:00 館内に戻って温泉をお楽しみください。

第1グループ・第2グループ共通
19:00 夕食「里山の恵み」
21:00 ディナー終了後は、館内でゆっくりお過ごしください。

中美恵(フードレメディスト)/マクロビオティックの第一人者・久司道夫氏に師事し、日本初の認定校を開校。10年にわたる研鑽と体験を重ねて独立。2015年には「家庭料理がカラダとココロを育む基本」をテーマに誰もが知っておくといい知識「フードレメディベーシック講座」を確立。『キレイになるマクロビ教室』ほか著書多数。

金理有(陶芸家)/1980年日本人の父、韓国人の母のもと大阪府に生まれる。2006年、大阪芸術大学大学院 芸術制作研究科修士課程修了 同大学院芸術研究科研究員。2007年、同大学院非常勤助手。2010年、大阪にて独立。2015年、横浜に拠点を移す。 縄文土器やその他古代の遺物のように一万年後の未来に残る作品を作るべく制作に励む。枠にとらわれない越境的な活動は現代美術家としても評価されている。 国内での個展はもちろん、横浜トリエンナーレへの参加をはじめ、韓国、香港、フランス、アメリカ、シンガポール、マレーシアなど国内外問わず数多くのグループ展・コンペティションに参加している。

松村宗亮(茶人)/1975年 横浜市生まれ 英国国立Wales大学大学院 経営学科卒(MBA)日本語プログラム。学生時代ヨーロッパを放浪中に日本人でありながら日本文化を知らないことに気づき、帰国後茶道を始める。「裏千家学園茶道専門学校」を卒業後 2009年 横浜関内にて茶道教室 SHUHALLYを開始。茶の湯をもっと自由に!もっと愉しく!というコンセプトによる活動が共感を呼び、全国の百貨店やギャラリーまた海外(ベルギー、スペイン、アメリカ、フランス、ポーランド、スイス、香港、シンガポール、韓国等)や首相公邸から招かれ多数の茶会を開催。伝統文化によるチャリティイベントを主催するなど、日本文化の新たな伝統の開拓・発信に努め幅広く活動中。過去出演メディア:J-wave、婦人画報 NEWSZERO、TEDx等多数。監修のSHUHALLY茶室 裏千家十六代坐忘斎御家元 命名「文彩庵」は2010年度グッドデザイン賞受賞

■ご予約は、以下URLよりどうぞ。
https://directin.jp/?y=A3EK72

※客室を含め、全館禁煙です。
※表示される料金はすべて税別です

2017-07-24 | Posted in event, foodNo Comments » 

 

Uonuma Kitchen 魚沼 食の学校 築地御厨・内田悟さんによる「やさい塾」

01

里山十帖のスタッフが講師の皆さんにお声がけして開催している「Uonuma Kitchen 魚沼 食の学校」。昨日、築地御厨・内田悟さんによる「やさい塾」が、南魚沼市の塩沢公民館で行われました。

「新潟に住む方々に、もっと地元の良さを知っていただきたい」と始まったこの企画。主催は雪国観光圏ですが、里山十帖&自遊人のスタッフのボランティアによって成り立っています。

朝10時半という、早い時間からの開催にもかかわらず、会場には130人もの方が参加。南魚沼市民の食への関心度がどんどん上がってきているのを実感します。

次回は8月26日。遠藤千恵さんの料理教室を、八海醸造「うおぬまの里」で行います!

http://bit.ly/2tCnGCh

02

03

04

05

2017-07-23 | Posted in event, foodNo Comments » 

 

里山十帖、夏の名物「ナスづくし」

01

里山十帖、夏の名物「ナスづくし」。
まだ「づくし」になるほどの入荷はありませんが、それでも毎日5種類程度のナスをご提供できるようになりました。

里山十帖のナスは、ただのナスではありません。ほぼすべてが新潟の固定種(在来種)。市場には出回らない非常に貴重なナスで、生産者から直接分けてもらうしか入手方法がありません。

ということで、今日もフードディレクターの北崎は「大沢ナス」を育てる阿部正昭さんの畑へ。阿部さんは大沢ナスの伝統を守るため種を自家採種。他にもたくさんの固定種を作っています。

京都や金沢でも今では珍しくなった、本当に固定種(在来種)の野菜。本当の野菜の味を、里山十帖でぜひ楽しんでください。美味しいのはもちろんですが、食べることで固定種を育てる農家を守ることにもなります!

ちなみに明日(土曜日)は、築地御厨・内田悟さんの「やさい塾」が開かれます。対象は新潟・魚沼に住んでいる方々。里山十帖では、都市部の方に美味しい固定種(在来種)野菜を食べていただくのと同時に、地元の方にその大切な資産に気づいていただくための活動を進めています。

【里山十帖 空室情報】
8月は満室の日が多くなってきていますが、7月の平日はまだ若干の空室があります。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000calendaronly.asp…

02

03

04

2017-07-21 | Posted in food, seasonsNo Comments »