blog

里山十帖の冬の名物「ブリしゃぶ」

1217_01

今年は寒ブリの水揚げが早く、すでに11月から13キロ前後のブリが揚がっています。里山十帖にも数日に一度、佐渡から丸ごと一本のブリが届きます。しかも今年は脂の乗りが異常なほど強い! 刺身で食べても最高に美味しいのですが、里山十帖ではあえて焼き物に。いいブリほど焼くと美味しいのです。

そして。里山十帖の冬の名物になりつつあるのが、「雪中熟成」させた「ブリしゃぶ」。

一般的に寒ブリは熟成にむかないと言われています。その理由は変色してしまうから。ところが雪の中で熟成させるとまったく変色せずに柔らかく、しかも旨味が増していくのです。雪の中は温度が一定な上に湿度100%。さらに酸素が少ないため、理想的に熟成が進んでいきます。

丸ごと一本のブリを届いてから数日間、雪の中に突っ込んでおくのですが、これは東京はもちろん新潟市内のお店でも絶対にできないこと。豪雪地、魚沼だからこそ、「冬の恵み」です。

「ブリしゃぶ」はオプションで1人前5000円。半分は刺身の状態で食べて欲しい特別なブリ。半分以上を生で食べて、数枚をしゃぶしゃぶされるお客様がほとんどです。一人前8枚。ご予約は一週間前までお願いします(数日前でもご用意できることもあります)。

【里山十帖 空室情報】
12/21、22、25、26、1/1、5、6にそれぞれ1室ずつの空室が出ています。ぜひご利用ください。
https://goo.gl/zmggDu

1217_02

1217_03

1217_04

1217_05

 

2017-12-17 | Posted in foodNo Comments » 

 

今年の冬は早いです

1203_01

今年は冬が早く、かぐらスキー場の積雪は早くも1メートル超になっています。
冬のアクセスは越後湯沢駅から定額タクシー、または在来線に乗り換えて2駅、上越線大沢駅からがベスト。大沢駅からは毎日1便の送迎があります。
東京からわずか1時間30分で、信じられない銀世界へ。次の降雪は6日、9日あたり。ぜひ里山十帖で一足早い雪見露天風呂を楽しみませんか?

【里山十帖 空室情報】
12月の前半はもっとも里山十帖の予約が取りやすい日。今年は初雪も早く、雪見露天風呂を楽しめます。ぜひご利用ください。
https://goo.gl/cnqeGk

 

2017-12-03 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

「Kolmikko ニットカフェ」が開催されました

1128_01

料理研究家の松田美智子さんが主宰するチャリティープロジェクト「Kolmikko ニットカフェ」。先週末、里山十帖で開催されました。
里山十帖での開催は今年で2年目。通常は宿泊者と食事をされる方だけに開放している空間ですが、この日は特別。里山十帖の自家製スイーツを楽しみながらの編み物3時間。たくさんの地元の方にお集まり頂きました。

皆さんに編んでいただいたコルミッコは、昨日からハイアットリージェンシー京都のクリスマスツリーに飾られているほか、2000円の寄付として販売しています(里山十帖でも寄付に参加できます!)。

売上金は公益社団法人MORIUMIUS<モリウミアス>へ。モリウミアスは、東日本大震災で被害を受けた宮城県石巻市雄勝町で13年前に廃校となった小学校を拠点に、子どもたちの未来のために、自然や食の体験プログラムを実施しています。

ぜひ、里山十帖&ハイアットリージェンシーで、コルミッコをお買い求めいただき、チャリティーに参加していただけると嬉しいです。

【里山十帖 空室情報】
雪見露天風呂の季節がやってきました! 12月の平日はもっとも里山十帖の予約が取りやすい日。今年は初雪も早く、雪見露天風呂を楽しめます。ぜひご利用ください。
https://goo.gl/cnqeGk

1128_02

1128_03

1128_04

1128_05

1128_06

1128_07

1128_08

1128_09

1128_10

1128_11

2017-11-28 | Posted in eventNo Comments » 

 

11/26は日帰り大歓迎の「コルミッコ・ニットカフェ」

1121_01

Kolmikko(コルミッコ)とは北欧の森に棲むトロール(妖精)のこと。年に一度、クリスマスに幸せを届けるために森からやってきます。

「Kolmikko ニットカフェ」は全国各地で開催されているチャリティープロジェクト。昨年に引き続き、11月26日に里山十帖での開催が決定しました。みんなで編んだkolmikkoを里山十帖などで販売して、その売上金の一部を2011年の東日本大震災で被災した子どもたちの未来への支援として寄付します。

「編み物が初めて」という方でも大丈夫。昨年も「初めて」という男性が、みごとコルミッコを完成させました。里山十帖でみんなでおやつをつまみながら、コルミッコを編んでみませんか?

通常は小さなお子様の利用をご遠慮いただいている里山十帖ですが、「Kolmikko ニットカフェ」では大歓迎! ぜひ親子で、ご家族でご参加ください。

【当日のスケジュール】
Kolmikkoニットカフェ@里山十帖
森の妖精「Kolmikko」の編みぐるみを楽しく編むイベントです。
日時 2017年11月26日(日)13時~16時
場所 里山十帖
受付 12:30から
参加費 3,000円
※参加費には、キット(毛糸、編み図、中綿)と、おやつ、ドリンク代が含まれています
※参加費には、かぎ針、とじ針は含まれません。ご持参いただくか、当日会場にてお買い求めください。
※かぎ針は、5~6号をおすすめいたします。
※当日は、12:50までに集合ください。

◼︎日帰りでご参加の場合
参加をご希望の方は、下記で「参加」と押してください。親子での参加も大歓迎です!
https://www.facebook.com/events/894508924046957/

◼︎Kolmikkoニットカフェの支援先
公益社団法人 MORIUMIUS<モリウミアス>
モリウミアスは、東日本大震災で被害を受けた宮城県石巻市雄勝町で13年前に廃校となった小学校を拠点に活動しています。
町や子どもたちの未来のために、子どもと大人のための自然や食の体験プログラムを実施しています。
http://moriumius.jp/

1121_02

1121_03

1121_04

 

2017-11-21 | Posted in eventNo Comments » 

 

しんしんと

1119_01

昨晩から「しんしん」と雪が降り続いています。ただいまの積雪10センチ。雪がすべての音を吸収する「無音の季節」がやってきました。予報どおりに降り続くと月曜日までに40-50センチになる可能性も。例年よりかなり早い雪見露天風呂です。

来週、23日には「かぐらスキー場」がオープン。山の上は1メートルに達しそうなので、いきなり深雪パウダーを楽しめるかも!

まだ里山は紅葉の名残。モノトーンの景色に赤や黄色が混じる、不思議な景色がしばらく楽しめそうです。冬支度を急ぐ新潟・南魚沼にぜひお越しください。

【里山十帖 周辺の道路状況】
関越自動車道は関越トンネルの先からスタッドレスタイヤ、またはチェーンが必要です。国道17号線はほぼ溶けていますが、一部シャーベット。国道17号線から先、里山十帖までの県道72号線はシャーベットです。本日、明日にお泊まりのお客様は、新幹線&在来線の利用をオススメします。新幹線&在来線は通常どおりの運行です。なお、あくまで予想ですが、明後日にはノーマルタイヤ車でも里山十帖まで来られる状態に戻ると思います。

【里山十帖 空室情報】
明日の20日、21日、28日、29日、30日に空室があります。12月の平日はまだ余裕があります。ぜひご利用ください。
https://goo.gl/cnqeGk

 

2017-11-19 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

里山十帖、秋の料理

1111_01

里山十帖、秋の料理。写真は先月末、料理研究家の植松良枝さんをお招きしたイベント時の夕食です。

里山十帖の料理は「七十二候」。旬のものをご提供すると、必然的に同じメニューを1週間出すことができません。とくに里山十帖では伝統野菜を多く提供しているので、「旬は一瞬」。仕入れも安定しないので入荷する日としない日でも料理が異なります。

現在は天然キノコが入荷した日にはキノコ汁もご提供。今年は天然キノコが不作なので、なかなかご提供できないのですが、出てきたら「ラッキー」だと思っていただけると嬉しいです。

里山十帖の料理は「地味だけど滋味」。今日も滋味を求めてキッチンスタッフはあちこちへ食材を探しに行っています。

【里山十帖 空室情報】
来週は14日、15日、16日に空室があります。紅葉も終盤。ぜひ紅葉の里山十帖へお越しください。
https://goo.gl/cnqeGk

1111_02

1111_03

1111_04

1111_05

1111_06

1111_07

1111_08

1111_09

1111_10

1111_11

1111_12

1111_13

1111_14

1111_15

2017-11-11 | Posted in event, foodNo Comments » 

 

ズワイガニ!

1109_01

いよいよズワイガニが解禁しましたね。実は新潟の解禁日は10月1日。野菜料理がウリの里山十帖ですが、カニはスタッフも大好物。ということで、すでにひっそり「カニプラン」を始めています(笑)。

「ズワイガニが穫れるのは鳥取から富山の沿岸では?」「新潟で揚がるのはベニズワイでは?」と思う方も多いでしょうが、実は新潟でもズワイガニの水揚げがあるんです。

ただし量が少ないので入手は難しいのが現実。そこで「里山十帖」では新潟県内の港を訪ねて関係を強化。佐渡や岩船から貴重なズワイを仕入れています! しかもお客様にとって嬉しいのは、間人や三国といった名門漁港と比べてはるかに安いこと。名門漁港だと800〜900グラムのカニ一杯で3万円前後はしますが、里山十帖では一杯1万6000円でご提供(2名様で1杯のカニ付きで1泊2食3万4800円〜)。

「福井や金沢で食べるより安い」「料理屋と同じ料金で泊まりが付いてくる」と、年に何度も食べに来られるお客様がたくさんいらっしゃいます。

カニ料理は仕入れの都合で必ず3日前までにご予約ください(12/28〜1/9、月曜日、木曜日はご用意できません。 3月15日まで)。また荒天で水揚げがないときは、通常料理に変更させていただきますので、ご了承ください。

(カニは、「塩ゆで」でのご提供です。焼きガニ等でのご提供はしておりませんのでご了承ください)

【里山十帖 空室情報】
明日10日、来週は14日、15日、16日に空室があります。
https://goo.gl/cnqeGk

1109_02

1109_03

1109_04

1109_05

1109_06

1109_07

 

2017-11-09 | Posted in food, seasonsNo Comments » 

 

秋深まる

1108_01

雪国では冬支度が始まっています。いたるところで見られる「大根を干す光景」。これも冬支度の一つ。なぜ干しているかといえば、たくあんを漬けるため。長い冬を越すにために、雪国で保存食は欠かせません。ちなみに大根の左側は「大豆」です。

里山十帖でもたくあんと干し柿を作っています。自家製たくあんは毎年大人気。乳酸発酵が進んでちょっと酸の効いたたくあんは、特に自家製ならではの味。ご提供するのは年明けからですが、ぜひ本当のたくあんを味わってください。

【里山十帖 空室情報】
今週は9日、10日、来週は14日、15日、16日に空室があります。紅葉の露天風呂をお楽しみください!
https://goo.gl/cnqeGk

2017-11-08 | Posted in food, seasonsNo Comments » 

 

もうすぐ雪見露天風呂の季節

1105_01

もうすぐ雪見露天風呂の季節。里山十帖周辺の初雪は例年11月中旬から下旬。その雪が一度溶けたあと、早ければ12月初旬、遅くても下旬のどこかで3日ほど雪が降り続いて、一気に1メートルの雪に包まれます。

雪は天然の吸音材。雪に包まれると静寂の世界が訪れます。露天風呂に身を沈めると聞こえてくるのは、湯口から湯を注ぐ音だけ。時折、風の音も聞こえます。

山を眺めながら、の〜んびり。2月には積雪が3メートルを超す日本一の豪雪地帯ですが、交通アクセスはバッチリ。上越新幹線は雪では1分たりとも遅れません。道路も常に完全除雪(スタッドレスタイヤは必要です)。ぜひ冬の里山十帖にお越しください。

【里山十帖 空室情報
1月、2月の土曜日はほぼ満室ですが、まだ若干の余裕があります。ご予約お待ちしてます!
https://goo.gl/cnqeGk

2017-11-05 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

里山十帖・周辺の美味しい店/久田里(くだり)

1102_01

現在、里山十帖周辺は紅葉真っ盛り! そして先日お伝えしたとおり、秘境・秋山郷も紅葉真っ盛りです。

そんな秋山郷でおすすめの食事処を紹介します。古民家でそばを提供する「久田里」(要予約・不定休)。日本昔ばなしそのままの世界が広がる秋山郷の結東集落。気をつけていないと見過ごしてしまうほど控えめな看板ですが、店内も民家そのものです。囲炉裏の隣にテーブルがひとつ、ご先祖様の写真が飾られている客間にひとつ。店を切り盛りしているのはおばあちゃん一人。秋山郷のお家を見せてもらいながら食事をする、まさに究極の体験プログラムというようなお店です。

蕎麦はおばあちゃんの手打ち。つなぎは北信地域から魚沼地域にかけて使われるオヤマボクチ(山ごぼうとも言われます)で、独特のシャキシャキした歯触りとツルツルの喉越しが特徴です。さらにお蕎麦のほかに山菜の小鉢などがついて1000円。正直、これは安すぎる!!

結東集落には、映画「ゆれる」やNHK大河ドラマ「精霊の守り人」の撮影にも使われた吊り橋「見倉橋」があるほか、日帰り入浴施設の「萌木の里」も。里山十帖から結東集落はおおよそ1時間のドライブです。

秋だけでなく新緑時期も最高なので、ぜひ里山十帖の前後に訪ねてみてください!(要予約なのでくれぐれもご注意を!)

【久田里・食べログページ】
https://tabelog.com/niigata/A1504/A150403/15012308/

1102_02

1102_03

1102_04

1102_05

1102_06

1102_07

1102_08

2017-11-02 | Posted in area guide, foodNo Comments » 

 

料理研究家の植松良枝さんをゲストに迎えて「秋の土用と冬支度 自然とつながる旧暦の暮らし方」を開催

1030_01

10月27日、料理研究家の植松良枝さんをゲストに迎えて「秋の土用と冬支度 自然とつながる旧暦の暮らし方」が開催されました。イベントは山の自生植物を使ってリース作りと植松さんと里山十帖のコラボレーションディナーの二部構成。

第一部は14時からのリース作り。里山十帖の周辺を散策しながらリースの材料を集めて作りました。参加者の皆さんからは「自然環境の素晴らしい」「山が宝の山に見えるようになった」と感嘆の声が。一人ひとつのカゴでは足りずに、両手いっぱいに山の恵みを採集していました。

夜は植松さんと里山十帖がコラボレーションした特別なディナー。それはまた次回にご紹介します。

【里山十帖 空室情報】
11月1日、6日、8日以降の平日に若干の空室があります。紅葉真っ盛りの里山十帖にぜひお越しください。
https://goo.gl/cnqeGk

1030_02

1030_03

1030_04

1030_05

1030_06

1030_07

2017-10-30 | Posted in eventNo Comments » 

 

ちょうど一年前のこと

1024_01

ちょうど一年前のこと。週刊ダイヤモンドの「ニッポンのリゾート」ランキングで「総合3位」、料理部門で「1位」という栄誉をいただきました。

里山十帖ではこの一年、さらに地域の生産者とのつながりを強化することができました。貴重な在来種・固定種の野菜を育ててもらったり、優先的に分けてもらえるようになったり。生産者との契約栽培も進んでいます。

賞をいただくのは大変嬉しいことで、それが弾みとなって、さらに目的と目標が「深化」していきます。

「ここにしかない味」「ここでしか食べられない料理」。

里山十帖の料理は「地味」ですが、料理を通して「新潟&魚沼の文化と風土」を表現していきたいと思っています。

先週からは焼畑農業で栽培された赤カブも入荷が始まっています。焼畑農業は究極の循環型農業の賜物で、当然ながら無農薬・無肥料。皮の表面に旨味が凝縮しているのが特徴です。一般的なカブの皮にはえぐみがありますが、それが自然のものではないことがわかります。

そんな発見・体験をお客様に感じていただくことが里山十帖のコンセプト。とはいえ、面倒な能書きもありませんし、サービス時の長い説明もしませんので、単純に五感で味を体感していただければ幸いです。

皆様のご予約をお待ちしております!

【里山十帖 空室情報】
11月2日と6日以降に若干の空室があります。11月に入ると山の上だけでなく里山も紅葉が始まります。ぜひ秋の里山十帖へお越しください。
https://goo.gl/cnqeGk

1024_02

1024_03

1024_04

1024_05

1024_06

1024_07

1024_08

2017-10-24 | Posted in about, foodNo Comments » 

 

魚沼の「母の味」をミシュランスターシェフが調理する!

1023_01

【魚沼の「母の味」をミシュランスターシェフが調理する!】

11月12日、「ミシュランガイド東京」一つ星、東京・目黒のイタリアンレストラン『ラッセ』の村山太一シェフの料理を楽しむ会が里山十帖で開かれます。

村山シェフの出身は新潟県旧中里村。里山十帖のある南魚沼市のすぐ隣です。また里山十帖の料理長である北崎と村山シェフは、京都の現・三つ星『京懐石 吉泉』での修行時代の兄弟弟子関係(村山シェフが兄弟子)。そんな縁もあって、今回のイベントを開催することになりました。

東京・目黒の「ラッセ」ではけっして味わえない料理の数々。村山シェフには、魚沼の食材を使って、子供の頃に味わった「母の味」を昇華させた「魚沼ならではのイタリアン」を作っていただきます。村山太一シェフが挑戦する「ローカル・ガストロノミー」をぜひお楽しみください!

【参加希望の方は】
先着10名様の日帰り枠は満席です。現在、ご宿泊のみの受付中です。ご予約は、以下URLよりどうぞ。
https://directin.jp/?y=A3EK72

村山太一シェフ
1975年、新潟県旧中里村(現・十日町市)生まれ。二つ星2店を経験し、三つ星『ダル・ぺスカトーレ』で修業。 シェフであるナディア・サンティーニのもとで徹底的にイタリア料理を学んだ。 ダル・ぺスカトーレは、シェフ・ナディアの不在時は店をクローズにするほどクオリティを守っていたが、 村山氏が副料理長に就任してからはダル・ぺスカトーレ史上はじめてナディア不在時に厨房を任され、営業するようになった。 7年半のイタリア修業後、2008年帰国した村山氏は2011年5月12日、イタリアンレストラン「L’asse」を目黒にオープン。 「ミシュランガイド東京」では2012年から連続して一つ星獲得している。

※里山十帖は、客室を含め、全館禁煙です。

2017-10-23 | Posted in event, foodNo Comments » 

 

来週から「焚き火バー」がオープンします

1020_01

なんと山の上には雪が降ったようです!
そんな肌寒くなってきた里山十帖では、来週から「焚き火バー」がオープンします。夕食前の17時から18時頃、軽いおつまみと暖かい飲み物を、焚き火の周辺にご用意します。凛とした秋の空気に響く虫の声。揺らめく火を眺めながら、ゆったりしたひとときを、ぜひお楽しみください。
ちなみに「焚き火バー」は、雪が降るまで、そして晴れた日限定です。

【里山十帖 空室情報】
来週の23日、27日にそれぞれ1室の空室があります。平日はひとり旅も大歓迎。ぜひ秋の魚沼にお越しください。
ちなみに台風はよほど西寄りの進路にならない限り、たぶん大丈夫。魚沼は上信越国境の山々にガードされるので、関東側が暴風雨でも「ちょっと風が強め」という程度にしかなりません。実は魚沼は台風の被害が殆どない場所なのです。今回の台風はスピードが早いため、24日朝には影響が去っているはずですよ。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000calendaronly.asp…

2017-10-20 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

発見・体験・感動こそが真の贅沢

「発見・体験・感動こそが真の贅沢」。これが里山十帖のコンセプト。滞在いただくだけでも新たな「発見・体験・感動」の仕掛けを散りばめてありますが、ぜひ体験してただきたいのが月に一度(以上)のイベント。映像は9月22日に行われた「黄金の茶会」です。

日本の文化を気軽に体験してもらうための特別な一日。茶会といっても肩肘張ったものではなく、初めての方でも、そして誰でも参加できる気軽な茶会で、ゲストの皆様にはピクニック気分でご参加いただきました。

そして次回、10月27日に開催されるのが、料理研究家の植松良枝さんをゲストに迎えての「秋の土用と冬支度 自然とつながる旧暦の暮らし方」。14時に里山十帖にお集まりいただいた後は、山の木の実を集めてリース作り。夜は植松さんと里山十帖がコラボレーションした特別なディナーをお召し上がりいただきます。
https://goo.gl/ALun1p

紅葉真っ盛り。新しい発見と体験を求めて、ぜひ里山十帖のイベントにご参加ください。

黄金の茶会
茶人 松村宗亮 (裏千家茶道准教授)
器 金理有(陶芸家)
点心 中美恵(フードレメディスト)
和菓子 紫をん
夕食 北崎裕 桑木野恵子(里山十帖)

映像 星野隼人(Hype)

2017-10-15 | Posted in event, foodNo Comments »