blog

本日のまかない

里山十帖、本日のまかない。仕事が終わってのひととき。今日のワインはちょっと美味しいです。

01

2017-04-26 | Posted in blogNo Comments » 

 

今日の六万騎山。カタクリが見頃を迎えています!

01

今日の六万騎山。カタクリが見頃を迎えています! 山頂付近の群生地はまだ先ですが、遊歩道の途中は満開! かわいいイワウチワや雪国ならではの雪椿、タムシバ(コブシのような花)なども咲き始めています。
六万騎山は里山十帖から車で約30分、標高321メートルの手軽に登れる山。遊歩道(登山道)の入り口から山頂までゆっくり歩いても30分、1時間もあればぐるりと1周できます。
六万騎山の近くには八海醸造の運営する「魚沼の里」や、石川雲蝶の素晴らしい彫刻が見られる「西福寺開山堂」もあります。ぜひ春の新潟・魚沼へお越しください!

【里山十帖 空室情報】
ゴールデンウィーク前は4月25日から28日に空室があります。満開のカタクリをぜひ見にきてくださいね。

2017-04-16 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

山菜料理―今年はいつ頃がオススメですか

01

里山十帖といえば山菜料理。「今年はいつ頃がオススメですか?」という電話が多くなってきました。答えは「例年より雪が多くて遅れ気味ですが、もう始まってます! でもいちばんのオススメはゴールデンウィーク明けですよ」
写真は昨日、里山十帖のスタッフがちょっと遠征して採ってきた山菜。雪が溶けたところでは、もうこんなに山菜が出ています!

【里山十帖 空室情報】
ゴールデンウィーク前の空室はわずかです。満開のカタクリをぜひ見にきてくださいね。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

【里山十帖 春の景観スケジュール】
〜4月中旬 スノーシュー&スノーボード
残雪のなか、スノーシューツアーが楽しめます。神楽ヶ峰のバックカントリースキー&スノーボードのツアー手配はゴールデンウィークまで可能です。

開花中〜4月30日 カタクリ大群生地が見頃に。
関東地方の群生地とはまったくスケール感が違う〝大群生地〟、六万騎山のカタクリが見頃を迎えます。六万騎山は標高321メートルの小さな山。その全山がピンク色に染まります。ハイキングコースも整備されていて、ゆっくりぐるっと回って1時間。誰でもカタクリの大群生地を楽しめます。

4月15日〜30日 銭渕公園の桜
里山十帖からも近い「銭渕公園」では開花に合わせて観桜会が開かれます。今年はちょっと開花が遅れ気味で、満開は4月25日前後になりそうです。

4月25日前後 ブナ林の新緑が始まります。
残雪と鮮やかなグリーンの対比は涙が出るほど美しい景観です。各地の棚田の桜が咲き始めるのもこの時期です。ちなみに残雪の量によってゴールデンウィーク中の景観は、毎年、大きく変わります。雪が多い年は雪景色と桜、ブナの新緑。少ない年は山菜が出始めます。

5月10日〜5月末 いちばん景色が美しい時期です!
里山十帖周辺の新緑が始まるのは例年5月5日前後。もっとも美しいのは5月10日から20日ごろです。山菜も同時に出始め、里山十帖の山菜料理がピークを迎えます。「里山十帖といえば山菜料理」とおっしゃっていただけるお客様も多いのですが、山菜料理がお目当ての方はゴールデンウィーク明けから5月末までがオススメです!

5月20日〜6月中旬 田んぼの水鏡が美しい時期。
田植えのピークは5月の最終週あたり。田んぼに水が張られて、美しい水鏡の風景が広がります。野鳥のさえずりが活発になるのもこの時期。山には残雪、里山は春真っ盛り、というシーズンです。山菜料理は6月中旬以降、品数が減っていきます。

6月下旬 意外と晴れている日が多いのが6月下旬。
一般的には梅雨時ですが、新潟の実質的な梅雨入りは遅く、6月は晴れた日が多いのが特徴です。梅雨前線の雲が谷川連峰の高い山々に阻まれ、トンネルのあちら側とこちら側で天気がまったく違うのがこの期間。東京で雨の日は晴れという日が多く、清々しい初夏の気候を楽しんでいただけます。稲が育ってきて、棚田巡りにも最適な季節。観光客がいちばん少ない時期なので、静かな環境を存分に満喫できますよ。

7月上旬〜中旬 蛍を見るならこの時期!
7月上旬、里山十帖周辺の棚田に蛍が飛び始めます。時折、露天風呂まで飛んできて、風呂に浸かりながら蛍が見られることも。

7月〜8月 満天の星空と天の川。
今夏の期間、新月は6月24日(土)と7月23日(日)、8月22日(火)。月のない夜は空を見上げると満天の星空、天の川もくっきりと見えます。新月の前後1週間が天の川見物には最適です。

02

03

04

05

2017-04-15 | Posted in food, seasonsNo Comments » 

 

京都「草喰なかひがし」の中東久雄さんを迎えての夕食会

01

いよいよ来週、4月24日、京都「草喰なかひがし」の中東久雄さんを迎えての夕食会が開かれます。中東さんと一緒に山菜を採って、中東さんの料理を楽しむという夢のイベント。里山十帖の客室数12に対して、応募総数は96件。抽選倍率8倍という大人気イベントになりました(日帰りは8名様の募集に対して応募は54名!)。
さらに当日は、中東さんのお友達、一澤信三郎帆布の一澤さんもお越しになって、一澤信三郎帆布のお話をしていただけることに。昼からスケジュールがたっぷり詰まっています。
今年は残雪が多いため山菜は例年より遅れ気味。とはいえ、雪解けした場所からはフキノトウだけでなく、ツクシやスイバ、セリなどが顔を出しています。これらをどのように中東さんは料理してくれるのか、今から楽しみでたまりません。当日の様子はまた皆さんにご報告します!
ちなみに里山十帖ではほぼ月に一回、イベントを開催しています。次回は6月3日の「早苗饗(さなぶり) in 里山十帖」。田植えと山菜の夕べを楽しむ1日です。(こちらも現在はキャンセル待ちの状況です)。そして6月23日には、料理家の川上ミホさんを迎えての夕食会。近日、申し込みを開始しますので、ぜひお誘い合わせの上、お越しください。
※写真の料理は里山十帖のもので、中東さんの料理ではありません。

02

03

04

2017-04-14 | Posted in eventNo Comments » 

 

里山十帖にも遅い春がやって来ました!

01

里山十帖にも遅い春がやって来ました! 今日は年に一度のふき味噌作り。朝からスタッフ総出で一年分のふき味噌を作りました。今年は雪の量こそ少なめでしたが、3月の気温が低く、雪解けが1週間以上遅れています。そのため里山十帖周辺はまだ残雪が1メートル以上。そこで標高を下げて雪解けの進んだ場所でふきのとうを収穫しました。
ふきのとうは収穫するのは簡単ですが、その後の下処理がなにしろ大変。細かく絡んだワラのようなゴミを丁寧に、丁寧に取り除かなければいけません。しかも取り除くときの水は、雪解け水! 冷たいのなんのって、手の感覚があっという間になくなっていきます。それでも黙々と何度も洗いながらゴミを取ってから自家製3年熟成の味噌と合わせます。
里山十帖のふき味噌は、ふきのとうと味噌、油しか使わないので、食材の味がすべて。取れたてのふきのとうを素早く下処理することも大切ですが、味噌の味も超重要です。
そして出来上がったふき味噌は味が馴染むまで約3ヶ月以上、寝かせてからお客様の食卓に登場するのです。つまり、現在、お客様にご提供しているふき味噌は昨年に作ったもの。1年経つとものすごく味が馴染んで、様々なお料理と相性が良くなります。
里山十帖の山菜料理はすでに始まっていますが、ゴールデンウィーク明けがもっとも「旬」。品数がいちばん多くなります。ぜひ春の里山十帖へお越しください!
 
【里山十帖 空室情報】
現在、ゴールデンウィークの前後に空室があります。山菜の旬はゴールデンウィーク明けですが、直前あたりになると山菜の量が増えて来ます。そしてカタクリの名所「六万騎山」の見頃はゴールデンウィーク前。4月下旬もオススメの時期です。ぜひ、春の里山十帖へお越しください。
ちなみに「明け」は平日も空室が少なくなってきています。ぜひお早めにご予約ください。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

02

03

04

05

06

07

2017-04-10 | Posted in food, seasonsNo Comments » 

 

春といえば「メイプルサップ」

01

残雪1メートル以上の里山十帖にも春がやってきています!
雪の下から顔を出すふきのとうからも春を感じますが、春といえば「メイプルサップ」。雪国の木々は春になると眠りから覚めて一気に水分を吸い上げますが、カエデの木から採れる樹液が「メイプルサップ」です。ほんのわずかに甘みがあって爽やかな香り。抗酸化作用が強く「命の水」と言われています。これを煮詰めたものが「メイプルシロップ」です。
採取の仕方は昨年、新潟県内の師匠に教えてもらいました。もちろん木が枯れることはありません。
毎日採取できるわけではありませんが、この季節、里山十帖でしか味わえない「命の水」をどうぞお楽しみください。
今週は、本日、月曜日から金曜日まで空室があります!

【里山十帖 予約サイト】
4月前半と6月後半から7月中旬、12月は、里山十帖の予約が最も取りやすい季節です。4月は皆さんお忙しいので、なかなか旅行に出かけられないでしょうが、ぜひ有給休暇を取得して、春の里山へお越しください!

https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

 02
03
2017-04-03 | Posted in foodNo Comments » 

 

里山十帖の山菜料理が始まりました。

01

里山十帖の山菜料理が始まりました。
積雪はまだ1メートル以上ありますが、雪の薄いところを掘って、ふきのとうや土に埋まったツクシなどを採取しています。
まだまだ数品のご提供ですが(ご提供できない日もあります)、山の滋味を味わってください。
山菜の本格シーズンはゴールデンウィーク明け。リピーターのお客様から平日もたくさんのご予約をいただいております。残室もわずかになってきていますので、お早めにご予約ください。

ちなみに今日の収穫物は、
・ダンデリオン (たんぽぽ)
・オゼイユ(スイバ)
・ふきのとう
・クレソン
・つくし

【里山十帖 予約サイト】
明後日の日曜日に空室があります。天候は夕方から翌朝にかけて晴れの予報。絶景の露天風呂をお楽しみいただけると思います。

https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/ASPY0000Calendaronly.asp?cod1=67480&cod2=001&dsp=1&lnk=on&mode&hchannel&kasho&dflt=2017%2F03%2F20

2017-03-31 | Posted in foodNo Comments » 

 

「地歌舞伎」の様子が新潟BSNテレビで放送されます

一昨日、里山十帖で行われた「地歌舞伎」公演。その様子が本日28日、18:15より新潟BSNテレビで放送されます。
250年前から続いてきたと言われる当地の「地歌舞伎」。その昔、地歌舞伎は日本各地で楽しまれていましたが、現在も伝承されている地域はごくわずか。新潟県南魚沼市周辺では雪解けの季節に歌舞伎を楽しむのが習わしで、「雪割芝居」と呼ばれていたそうです。
里山十帖では、2014年5月のグランドオープン以降、月に1回程度、一般参加可能なイベントを開催しております。今回は無料ということもあって、地元の方々はもちろん、県内外方にたくさんお越しいただきました。
今後も里山十帖では「地歌舞伎」を応援していきたいと思っています。

BSN News ゆうなびさんの投稿 2017年3月27日

2017-03-28 | Posted in area activities, eventNo Comments » 

 

かぐらスキー場は積雪がまだまだ増えています

01

里山十帖周辺はまだまだ冬! 一昨日から雪が続き、周辺は冬景色に戻りました。山の上では40センチ以上の降雪。かぐらスキー場は積雪がまだまだ増えています。
ということで、里山スタッフはたまらず雪山へ。一昨日は里山十帖の裏山へ、昨日はかぐらスキー場へ。さすがに里山十帖の裏山は重い雪ですが、かぐらは「まるで2月中旬の雪!」だった様子。今年のかぐらスキー場は5月28日までの営業、ゴールデンウィークは余裕で「全面滑走可能」です。里山十帖周辺のスノーシューツアーも4月中旬までは大丈夫そう。
里山十帖周辺の積雪は現在2メートル前後。春の魚沼は雪がたくさん残っているのに寒くない、雪遊びが楽しいシーズン。「晴れた日はビールをリュックに入れて、ちょいと裏山へ」、なんて過ごし方が最高です。ぜひ雪遊びにお越しください!

ちなみに最初の2枚が昨日の「かぐらスキー場」、後の3枚が「里山十帖の裏山」です。

【里山十帖空室情報】
3月31日に1室、4月4〜7日に空室があります。その後、中旬からゴールデンウィーク直前までの平日に空室があります。ゴールデンウィーク直前は、日本有数の「カタクリ大群落」が満開を迎えます。ぜひカタクリの絨毯を見にきてください!

02

03

04

05

2017-03-25 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

里山十帖での雪中歌舞伎公演!

01

いよいよ今週末に迫りました。里山十帖での雪中歌舞伎公演! 250年前から続いてきたと言われる当地の「地歌舞伎」。その昔、地歌舞伎は日本各地で楽しまれていましたが、現在も伝承されている地域はごくわずか。新潟県南魚沼市周辺では雪解けの季節に歌舞伎を楽しむのが習わしで、「雪割芝居」と呼ばれていたそうです。
演じるのは「塩沢町歌舞伎保存会」の皆さん。例年、2月の第3土曜の「しおざわ雪譜まつり」で公演しているのですが、今回は特別に里山十帖で公演してくれることになりました。
演目は鈴木牧之の『北越雪譜』に記述のある「雪中の幽霊」。東京では花見の季節ですが、豪雪地の魚沼では雪解けを待ちながら芸能を楽しむ季節です。昔の人々は歌舞伎を楽しみながら、その年の豊作と平和を祈ったに違いありません。そんな魚沼の昔に思いを馳せながら、ぜひ地歌舞伎をお楽しみください。入場無料!です。

演目:雪中の幽霊(北越雪譜)
【スケジュール】
3月26日
15:00〜15:30  第1部
第1部終演後には甘酒や振舞い汁をどうぞ
16:00〜16:40  第2部

【旧塩沢町に続く歌舞伎とは?】
新潟県旧塩沢町(現・南魚沼市)で250年も昔から継承されてきた地歌舞伎。一度は消滅の危機にさらされましたが、平成11年(1999年)、12年に一度の「卯年大祭」の際に、旧塩沢町の大木六地区と大沢地区が19年ぶりに地歌舞伎を復活させました。
その後、この素晴らしい無形文化財を21世紀に継承・発展させていこうという気運が町内全体で高まり、石打(関山)、大沢、大木六の歌舞伎保存会が合併して「塩沢町歌舞伎保存会」を設立。地域住民が協力しあいながら継承してきました。

【観覧ご希望の方へ】
観覧ご希望の方は、下記Facebookページで「参加」を押してください。お友達もぜひご一緒にどうぞ!
https://www.facebook.com/events/126458944552021/

・里山十帖の駐車場には限りがあります。状況次第で上越国際スキー場大沢ゲレンデ駐車場からの送迎になる可能性があります。時間に余裕をもってお越しください。
・複数人数でご来場の場合は、コメント・メッセージなどでお知らせください。
・お席のご用意がありますので、前日までにお知らせください。
・参加費は無料です。
・大浴場のご利用はできません。またご宿泊のお客様への配慮から、お風呂など館内の見学もできませんので、ご了承ください。

02

03

04

05

 

2017-03-23 | Posted in area guide, eventNo Comments » 

 

6月は「早苗饗」(さなぶり)

01

夜の“早苗饗”のために汗をかきませんか?
日本人ならお米のことは知らないと。
– 「早苗饗」(さなぶり)-

里山十帖の〝ほぼ月一イベント〟6月は「早苗饗」(さなぶり)。早苗饗とは村人総出の田植えが終わった後に、手伝ってくれた人たちをねぎらう饗宴のこと。今年一年の健康と豊作を祈りながら、山の幸と美味しいお酒を楽しみます。

里山十帖内にあるレストランの名前も実はこの「早苗饗」。そしてお客様に本物の早苗饗を楽しんでいただくのが、6月3日なのです。

田植え時期といえば、まだ雪が溶けてばかり。山にはまだ雪が残っています。野菜はまだ芽を出していませんし、鮎もまだ小さく、冬の保存食も食べ尽くして……という時期。昔から早苗饗ではたくさんの山菜が食膳を賑わしていたように、里山十帖の早苗饗も山菜一色。皆さんが、聞いたことも、見たこともない山菜がずらりと並びます。
合わせるお酒は、南魚沼市内3つの蔵の特別な日本酒と、新潟県内で醸造された特別なワイン。東京ではなかなか飲めない特別なお酒を料理に合わせてご用意します。

知っているようで、実はよく知らなかった、お米作りのこと、産地のこと、環境のこと。自分の目で、耳で、手足で、体験してみませんか?この日に限り、お子様のご参加もOKです!

当日は夕食前には、アコースティックユニット『雪咲』の生演奏も。里山の春を存分にお楽しみください。

【一日の流れ(予定)】

11:45 里山十帖に集合。
12:00 田んぼに移動し、コシヒカリのおにぎりでランチ。
13:00 作業開始!田んぼに入って「手植え」をします。
15:00 作業終了、里山十帖に戻ってチェックイン。温泉で汗を流し、館内でゆっくりお過ごしください。
16:30 里山十帖の館内で、日本伝統楽器の箏と西洋楽器のヴィオラによる生演奏。シャンパーニュとともに、古民家の吹き抜け空間に美しく響く生演奏をお楽しみください。
17:30 カエルの声が鳴り響く屋外でディナースタート。気持ちの良い夜をお過ごしください。

解散後は、翌日のチェックアウトまでご自由にお過ごしください。
【ご予約方法について】

■日帰り参加をご希望の方へ(先着15名さま)
参加費は夕食(飲み物)込みでお一人様2万5000円(税別)。南魚沼市在住の方は1万3000円です。事前にご予約の上、当日は11:45までに里山十帖までお越しください。
※食事の用意をご希望のお子様は、お一人様2万円です(税別)。
※大人と料理を取り分けで良いお子様(小学校低学年まで)は、参加費として5,000円頂戴いたします。
※田植えのみの参加はできませんので、ご了承ください。

参加ご希望の方は、facebookにて「参加」としてください。
参加費は、当日お越しの際に、受付にてお支払いくださいませ。
https://www.facebook.com/events/1777465752571898/

■ご宿泊での参加をご希望の方へ

ご予約は、以下URLよりどうぞ。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/di/…
(ただいま満室でキャンセル待ち受付中です)

【服装について】
・汚れても良い、動きやすい格好でお越しください。
・雨天決行です。レインウェアをお持ちの方はご持参ください。
・帽子とタオルはご持参ください。
・長靴は貸し出しいたします。
・あいにく着替えスペースがありませんので、できるだけそのまま田んぼに行ける格好でお越しください。

何かご不明点がありましたら、以下までメールくださいませ。
メール送り先:info@satoyama-jujo.com

2017-03-18 | Posted in eventNo Comments » 

 

地元歌舞伎の公演を里山十帖で行います

01

新潟県南魚沼市塩沢で250年継承されてきた地元歌舞伎の公演を里山十帖で行います。
雪解けの暖かくなってきたこの時期に地元歌舞伎の公演を行うというのが、この塩沢地域に伝わる伝統文化です。
江戸時代の塩沢の文人鈴木牧之著の『北越雪譜』に記述のある演目「雪中の幽霊」を今回、披露します。

演目:雪中の幽霊(北越雪譜による)
【スケジュール】
15:00〜15:30  第1部
第1部終演後には甘酒や振舞い汁をご提供いたします
16:00〜16:40  第2部

【大沢歌舞伎とは?】
新潟県南魚沼市塩沢で250年継承されてきた地元歌舞伎。
長い歴史の中で、20世紀末には絶滅の危機もありましたが、平成11年(1999年)に12年に一度の「卯年大祭」があり、大木六地区と大沢地区が19年ぶりに歌舞伎を復活、上演しました。
これを契機に歌舞伎を町の貴重な無形文化財として21世紀にも継承発展させていこうという気運が高まり、近年まで上演活動を続けていた石打(関山)と大沢・大木六の歌舞伎保存会が合同合併し「塩沢町歌舞伎保存会」を設立し、地元地域が協力して継承してきました。

【日帰り参加をご希望の方へ】
公演への参加をご希望の方は、こちらのページで「参加」を押してください。
お友達もぜひご一緒に! 複数人数でご来場の場合は、Facebookのコメント・メッセージなどでお知らせください。
お席のご用意がありますので、前日までにお知らせください。
参加費は無料です。
大浴場のご利用は、宿泊者の方のみとさせていただきます。ご了承ください。

【Facebookイベントページ】
https://www.facebook.com/events/126458944552021/

何かご不明点がありましたら、以下までメールくださいませ。
メール送り先:info@satoyama-jujo.com

 

2017-03-18 | Posted in eventNo Comments » 

 

新潟には、まだたくさんの雪があります

01

本日快晴! 新潟には、まだたくさんの雪があります。
写真の「かぐらスキー場」は5月28日まで営業。ゴールデンウィークは全山まだ完全に真っ白です。春は、ひなたぼっこしながらビールを飲んで……が定番スタイル。絶景を眺めながら昼寝をして、滑るのはリフト2〜3本だけ、なんてスタイルがオススメです。「ここ10年スキー&ボードをしていない」という方が再デビューするには最高のシーズンですよ。
里山十帖は、「1泊2日の滞在を通して、何か、体験・発見していただく場所」。春の雪山では新しい感動が待っています!
里山十帖の裏山を登る「早朝スノーシューツアー」も4月中旬まで開催中。ぜひ、春の里山十帖にお越しください。

2017-03-12 | Posted in area activities, area guide, seasonsNo Comments » 

 

里山十帖へ静けさを体感しに来ませんか?

01

いい雪が降っています。新雪が降ったあとは雪が吸音材になって本当に静か。里山十帖へ静けさを体感しに来ませんか?
明日12日に1室キャンセルが出ています。里山十帖にこもって期末の仕事を一気に仕上げる、なんていかがでしょう?(毎年、この時期、確定申告のために連泊されるお客様がいらっしゃいます)

【里山十帖予約サイト】
来週は14日、15日に空室があります。ぜひご利用ください。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

2017-03-11 | Posted in seasonsNo Comments » 

 

雪見露天風呂日和

01

一昨日から降った新雪は30センチ以上に。そして昨日は朝からいい天気! 最高の雪見露天風呂日和になりました。
だいぶ暖かくなって、風の香りに「春」を感じますが、まだまだ雪の季節が続きます。3月は積雪も落ち着いて、雪遊びが楽しい季節です。ぜひ手袋持参で里山十帖にお越しください。思う存分、雪合戦も、雪だるま作りも、かまくら作りもできますよ!

【里山十帖 予約状況】
春分の日、20日にキャンセルによる空室が出ました!そして来週は14日、15日に空室があります。ぜひご利用ください!
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

2017-03-10 | Posted in seasonsNo Comments »