blog

かぐらスキー場は積雪がまだまだ増えています

01

里山十帖周辺はまだまだ冬! 一昨日から雪が続き、周辺は冬景色に戻りました。山の上では40センチ以上の降雪。かぐらスキー場は積雪がまだまだ増えています。
ということで、里山スタッフはたまらず雪山へ。一昨日は里山十帖の裏山へ、昨日はかぐらスキー場へ。さすがに里山十帖の裏山は重い雪ですが、かぐらは「まるで2月中旬の雪!」だった様子。今年のかぐらスキー場は5月28日までの営業、ゴールデンウィークは余裕で「全面滑走可能」です。里山十帖周辺のスノーシューツアーも4月中旬までは大丈夫そう。
里山十帖周辺の積雪は現在2メートル前後。春の魚沼は雪がたくさん残っているのに寒くない、雪遊びが楽しいシーズン。「晴れた日はビールをリュックに入れて、ちょいと裏山へ」、なんて過ごし方が最高です。ぜひ雪遊びにお越しください!

ちなみに最初の2枚が昨日の「かぐらスキー場」、後の3枚が「里山十帖の裏山」です。

【里山十帖空室情報】
3月31日に1室、4月4〜7日に空室があります。その後、中旬からゴールデンウィーク直前までの平日に空室があります。ゴールデンウィーク直前は、日本有数の「カタクリ大群落」が満開を迎えます。ぜひカタクリの絨毯を見にきてください!

02

03

04

05

2017-03-25 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

里山十帖での雪中歌舞伎公演!

01

いよいよ今週末に迫りました。里山十帖での雪中歌舞伎公演! 250年前から続いてきたと言われる当地の「地歌舞伎」。その昔、地歌舞伎は日本各地で楽しまれていましたが、現在も伝承されている地域はごくわずか。新潟県南魚沼市周辺では雪解けの季節に歌舞伎を楽しむのが習わしで、「雪割芝居」と呼ばれていたそうです。
演じるのは「塩沢町歌舞伎保存会」の皆さん。例年、2月の第3土曜の「しおざわ雪譜まつり」で公演しているのですが、今回は特別に里山十帖で公演してくれることになりました。
演目は鈴木牧之の『北越雪譜』に記述のある「雪中の幽霊」。東京では花見の季節ですが、豪雪地の魚沼では雪解けを待ちながら芸能を楽しむ季節です。昔の人々は歌舞伎を楽しみながら、その年の豊作と平和を祈ったに違いありません。そんな魚沼の昔に思いを馳せながら、ぜひ地歌舞伎をお楽しみください。入場無料!です。

演目:雪中の幽霊(北越雪譜)
【スケジュール】
3月26日
15:00〜15:30  第1部
第1部終演後には甘酒や振舞い汁をどうぞ
16:00〜16:40  第2部

【旧塩沢町に続く歌舞伎とは?】
新潟県旧塩沢町(現・南魚沼市)で250年も昔から継承されてきた地歌舞伎。一度は消滅の危機にさらされましたが、平成11年(1999年)、12年に一度の「卯年大祭」の際に、旧塩沢町の大木六地区と大沢地区が19年ぶりに地歌舞伎を復活させました。
その後、この素晴らしい無形文化財を21世紀に継承・発展させていこうという気運が町内全体で高まり、石打(関山)、大沢、大木六の歌舞伎保存会が合併して「塩沢町歌舞伎保存会」を設立。地域住民が協力しあいながら継承してきました。

【観覧ご希望の方へ】
観覧ご希望の方は、下記Facebookページで「参加」を押してください。お友達もぜひご一緒にどうぞ!
https://www.facebook.com/events/126458944552021/

・里山十帖の駐車場には限りがあります。状況次第で上越国際スキー場大沢ゲレンデ駐車場からの送迎になる可能性があります。時間に余裕をもってお越しください。
・複数人数でご来場の場合は、コメント・メッセージなどでお知らせください。
・お席のご用意がありますので、前日までにお知らせください。
・参加費は無料です。
・大浴場のご利用はできません。またご宿泊のお客様への配慮から、お風呂など館内の見学もできませんので、ご了承ください。

02

03

04

05

 

2017-03-23 | Posted in area guide, eventNo Comments » 

 

6月は「早苗饗」(さなぶり)

01

夜の“早苗饗”のために汗をかきませんか?
日本人ならお米のことは知らないと。
– 「早苗饗」(さなぶり)-

里山十帖の〝ほぼ月一イベント〟6月は「早苗饗」(さなぶり)。早苗饗とは村人総出の田植えが終わった後に、手伝ってくれた人たちをねぎらう饗宴のこと。今年一年の健康と豊作を祈りながら、山の幸と美味しいお酒を楽しみます。

里山十帖内にあるレストランの名前も実はこの「早苗饗」。そしてお客様に本物の早苗饗を楽しんでいただくのが、6月3日なのです。

田植え時期といえば、まだ雪が溶けてばかり。山にはまだ雪が残っています。野菜はまだ芽を出していませんし、鮎もまだ小さく、冬の保存食も食べ尽くして……という時期。昔から早苗饗ではたくさんの山菜が食膳を賑わしていたように、里山十帖の早苗饗も山菜一色。皆さんが、聞いたことも、見たこともない山菜がずらりと並びます。
合わせるお酒は、南魚沼市内3つの蔵の特別な日本酒と、新潟県内で醸造された特別なワイン。東京ではなかなか飲めない特別なお酒を料理に合わせてご用意します。

知っているようで、実はよく知らなかった、お米作りのこと、産地のこと、環境のこと。自分の目で、耳で、手足で、体験してみませんか?この日に限り、お子様のご参加もOKです!

当日は夕食前には、アコースティックユニット『雪咲』の生演奏も。里山の春を存分にお楽しみください。

【一日の流れ(予定)】

11:45 里山十帖に集合。
12:00 田んぼに移動し、コシヒカリのおにぎりでランチ。
13:00 作業開始!田んぼに入って「手植え」をします。
15:00 作業終了、里山十帖に戻ってチェックイン。温泉で汗を流し、館内でゆっくりお過ごしください。
16:30 里山十帖の館内で、日本伝統楽器の箏と西洋楽器のヴィオラによる生演奏。シャンパーニュとともに、古民家の吹き抜け空間に美しく響く生演奏をお楽しみください。
17:30 カエルの声が鳴り響く屋外でディナースタート。気持ちの良い夜をお過ごしください。

解散後は、翌日のチェックアウトまでご自由にお過ごしください。
【ご予約方法について】

■日帰り参加をご希望の方へ(先着15名さま)
参加費は夕食(飲み物)込みでお一人様2万5000円(税別)。南魚沼市在住の方は1万3000円です。事前にご予約の上、当日は11:45までに里山十帖までお越しください。
※食事の用意をご希望のお子様は、お一人様2万円です(税別)。
※大人と料理を取り分けで良いお子様(小学校低学年まで)は、参加費として5,000円頂戴いたします。
※田植えのみの参加はできませんので、ご了承ください。

参加ご希望の方は、facebookにて「参加」としてください。
参加費は、当日お越しの際に、受付にてお支払いくださいませ。
https://www.facebook.com/events/1777465752571898/

■ご宿泊での参加をご希望の方へ

ご予約は、以下URLよりどうぞ。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/di/…
(ただいま満室でキャンセル待ち受付中です)

【服装について】
・汚れても良い、動きやすい格好でお越しください。
・雨天決行です。レインウェアをお持ちの方はご持参ください。
・帽子とタオルはご持参ください。
・長靴は貸し出しいたします。
・あいにく着替えスペースがありませんので、できるだけそのまま田んぼに行ける格好でお越しください。

何かご不明点がありましたら、以下までメールくださいませ。
メール送り先:info@satoyama-jujo.com

2017-03-18 | Posted in eventNo Comments » 

 

地元歌舞伎の公演を里山十帖で行います

01

新潟県南魚沼市塩沢で250年継承されてきた地元歌舞伎の公演を里山十帖で行います。
雪解けの暖かくなってきたこの時期に地元歌舞伎の公演を行うというのが、この塩沢地域に伝わる伝統文化です。
江戸時代の塩沢の文人鈴木牧之著の『北越雪譜』に記述のある演目「雪中の幽霊」を今回、披露します。

演目:雪中の幽霊(北越雪譜による)
【スケジュール】
15:00〜15:30  第1部
第1部終演後には甘酒や振舞い汁をご提供いたします
16:00〜16:40  第2部

【大沢歌舞伎とは?】
新潟県南魚沼市塩沢で250年継承されてきた地元歌舞伎。
長い歴史の中で、20世紀末には絶滅の危機もありましたが、平成11年(1999年)に12年に一度の「卯年大祭」があり、大木六地区と大沢地区が19年ぶりに歌舞伎を復活、上演しました。
これを契機に歌舞伎を町の貴重な無形文化財として21世紀にも継承発展させていこうという気運が高まり、近年まで上演活動を続けていた石打(関山)と大沢・大木六の歌舞伎保存会が合同合併し「塩沢町歌舞伎保存会」を設立し、地元地域が協力して継承してきました。

【日帰り参加をご希望の方へ】
公演への参加をご希望の方は、こちらのページで「参加」を押してください。
お友達もぜひご一緒に! 複数人数でご来場の場合は、Facebookのコメント・メッセージなどでお知らせください。
お席のご用意がありますので、前日までにお知らせください。
参加費は無料です。
大浴場のご利用は、宿泊者の方のみとさせていただきます。ご了承ください。

【Facebookイベントページ】
https://www.facebook.com/events/126458944552021/

何かご不明点がありましたら、以下までメールくださいませ。
メール送り先:info@satoyama-jujo.com

 

2017-03-18 | Posted in eventNo Comments » 

 

新潟には、まだたくさんの雪があります

01

本日快晴! 新潟には、まだたくさんの雪があります。
写真の「かぐらスキー場」は5月28日まで営業。ゴールデンウィークは全山まだ完全に真っ白です。春は、ひなたぼっこしながらビールを飲んで……が定番スタイル。絶景を眺めながら昼寝をして、滑るのはリフト2〜3本だけ、なんてスタイルがオススメです。「ここ10年スキー&ボードをしていない」という方が再デビューするには最高のシーズンですよ。
里山十帖は、「1泊2日の滞在を通して、何か、体験・発見していただく場所」。春の雪山では新しい感動が待っています!
里山十帖の裏山を登る「早朝スノーシューツアー」も4月中旬まで開催中。ぜひ、春の里山十帖にお越しください。

2017-03-12 | Posted in area activities, area guide, seasonsNo Comments » 

 

里山十帖へ静けさを体感しに来ませんか?

01

いい雪が降っています。新雪が降ったあとは雪が吸音材になって本当に静か。里山十帖へ静けさを体感しに来ませんか?
明日12日に1室キャンセルが出ています。里山十帖にこもって期末の仕事を一気に仕上げる、なんていかがでしょう?(毎年、この時期、確定申告のために連泊されるお客様がいらっしゃいます)

【里山十帖予約サイト】
来週は14日、15日に空室があります。ぜひご利用ください。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

2017-03-11 | Posted in seasonsNo Comments » 

 

雪見露天風呂日和

01

一昨日から降った新雪は30センチ以上に。そして昨日は朝からいい天気! 最高の雪見露天風呂日和になりました。
だいぶ暖かくなって、風の香りに「春」を感じますが、まだまだ雪の季節が続きます。3月は積雪も落ち着いて、雪遊びが楽しい季節です。ぜひ手袋持参で里山十帖にお越しください。思う存分、雪合戦も、雪だるま作りも、かまくら作りもできますよ!

【里山十帖 予約状況】
春分の日、20日にキャンセルによる空室が出ました!そして来週は14日、15日に空室があります。ぜひご利用ください!
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

2017-03-10 | Posted in seasonsNo Comments » 

 

調味料の半分近くは自家製

01

里山十帖で使う素材は、新潟県産、しかも魚沼産の野菜がほとんどですが、調味料だけは新潟県産にこだわらずに、全国から「これ!」というものを調達しています。酢は京都宮津から、醤油は長野松本から、天然の甘みとして使っている白味噌も京都から、みりんは三河から。
とはいえ調味料の半分近くは自家製に切り替わってきています。例えば「酸味」。もちろん酢も使いますが、この季節に使うのは夏みかんなどの柑橘類。里山十帖開業前から親しくしている愛媛県の無茶々園から送ってもらう柑橘と赤ワインをあわせて瓶に貯蔵して……。主役はあくまで地域の味。でも新しい味と出会うことで、新たな世界が広がると思うのです。
里山十帖の料理は「地味だけど滋味」。素材がいいことはもちろんですが、味の組み合わせでいかに優しい旨味を引き出すかが私たちのテーマなのです。調味料を作るのはそんな理由。里山十帖のキッチンでは「調理」するより「下準備」の時間、とくに「熟成させるための仕込み」に時間を割いています。
「優しい味だなぁ」「ほんわかする料理だなぁ」と感じていただけたら、その味がどこから来ているのか、ぜひ想像を膨らませてください。

【里山十帖 予約状況】
今日、1室空室があります。12時以降はネット予約ができなくなるのでお電話でお問い合わせください。

http://bit.ly/2mKiOr0

2017-03-06 | Posted in foodNo Comments » 

 

もっとも食べていただきたい一皿

01

この冬、もっとも食べていただきたい一皿「白菜」。2メートルの雪の下で眠っていた白菜を掘り出して、里山十帖の雪室で保存。じんわり、しみじみ美味しい一皿です。
付け合わせは鰆の幽庵焼き(ときに鰤のことも)。白菜にはほとんど味を付けていないので、もし味が足りないなぁと思ったら、幽庵焼きと口中調味を。「地味だけど滋味」。里山十帖の料理コンセプトです。

【里山十帖 予約状況】
3月は後半の平日も満室の日が多くなって来ました。まだ前半には空きがあります。ぜひご利用ください。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

2017-03-03 | Posted in foodNo Comments » 

 

発酵をテーマにしたひと皿

01

発酵をテーマにしたひと皿。
雪国には長い冬を越すための様々な工夫があります。乾燥、発酵、雪中貯蔵……。そんな雪国の知恵を生かしながらも新しい味覚のマリアージュを追求した料理がこのひと皿。三五八漬けにした糸うり、寝麹でマリネした甘夏と紅しぐれ大根、酒粕クリームと干し柿……。乾燥させた山菜や野菜はすべて自家製、調味料も自家製比率がどんどん高まっています。
ちなみに「里山十帖の料理はどのくらいの頻度で変えているの?」と聞かれることが多いのですが、答えは「不定期」。本当の旬を追いかけていくため、春から秋はほぼ毎日何かが変わっていて、2週間程度でほぼすべて変わっていきます。
冬は発酵食、保存食が中心なので比較的ひとつのメニューが続くのは長いのですが、それでも1ヶ月未満です。写真の料理は3月末までの予定(状況により終了が早まることもあります)。ぜひ雪国の知恵を味わいに来てください。

【里山十帖 空室情報】
明日、明後日は空室があります。ぜひ雪見露天風呂に入りに来ませんか?

空室情報はこちらから>> 

2017-02-28 | Posted in foodNo Comments » 

 

雪中茶会を催しました

01

昨日は赤木明登さんを亭主に迎えて、雪中茶会を催しました。濃茶席は里山十帖の裏庭に作った巨大かまくら!

南魚沼ではかまくらを「ほんやら洞」と呼ぶのですが、赤木さんの醸し出す空気感はまさに「ほんやら」。独特の空気感がかまくらに満たされていました。しかもかまくら内に良寛さんの軸、室町時代の燭台という異空間。お道具も素晴らしく、夢のようなお茶会になりました。
さらに薄茶席はかまわぬの高橋さんが御点前を、その後には、つのだたかしさんのリュートコンサートも開かれるというサプライズ。ゆったりとした一日が過ぎていきました。

正午の懐石から始まった今回の茶事。薄茶のあとは温泉に入っていただいて、さらにその後が「後座」。コンサート、夕餉へと続き、食事の後も日本酒とワインを楽しんで、お開きになったのは午前0時30分。宿泊施設だからこそ、の会になりました。

今回の雪中茶会は私たちスタッフにとっても、やりがいがあっただけでなく、大変楽しかった思い出に。赤木さん、高橋さん、つのださん、そしてお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!

【里山十帖 空室情報】
3月の平日はまだまだ空室があります! 巨大かまくらは3月中旬まで「かまくらバー」としてご利用いただけます!(今後の気温によって終了時期は変動します)

https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

2017-02-27 | Posted in area activities, seasonsNo Comments » 

 

雲海の季節がやってきました!

01

雲海の季節がやってきました! 里山十帖周辺は、雲海の出現率が高いことで有名な地域なんです。
その理由は魚沼産コシヒカリの美味しさの秘密でもある昼夜の寒暖差。夜間、湿度の高い空気が霧に変わって、盆地状の地形を埋め尽くします。とくに3月から7月、10月から12月は雲海の出現率が極めて高い季節。晴れた日の朝の出現率は8割以上になります。

この雲海を楽しむために設定されているのが「早朝スノーシューツアー」。歩く距離は雪の状況と参加者の足の状況によってさまざまですが、徒歩数分でたどり着く絶景から、片道30分以上のトレッキングまで、状況によってベストスポットまでご案内します。

「早朝スノーシューツアー」は4月上旬まで。その後は5月下旬から「早朝マウンテンバイクライド」が始まります。これらのアクティビティは事前予約制。一週間前までに必ずご予約ください。

【里山十帖 空室情報】
3月の平日はまだまだ空室があります! 積雪量は3月中旬まで増えていきます。里山十帖で豪雪体験しませんか?
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/ASPY0000Calendaronly.asp?cod1=67480&cod2=001&dsp=0&lnk=on&mode&hchannel&kasho&dflt=2017%2F02%2F11

2017-02-26 | Posted in area guide, seasonsNo Comments » 

 

輪かんじきの裏山お散歩ツアー

01

里山十帖周辺の積雪は現在2メートル。毎日16時からは「輪かんじき」でのミニツアー「裏山お散歩ツアー」を実施しています(悪天候時は中止)。
輪かんじきがいちばん楽しいのは3月に入ってから。積雪も安定して歩きやすく、天候も安定して晴れの日が多くなります! 「裏山お散歩ツアー」は予約不要。ぜひ早めにチェックインして参加してくださいね!

 

【持ちもの】
宿のすぐ裏を軽くお散歩するだけなので、暖かくて動きやすい格好であれば普段着でオッケーです。長靴、手袋の貸し出しもあります。もちろんスノーウェアやスノーブーツを持参していただければ、雪山を何倍も楽しめますよ!

【里山十帖 空室情報】
3月の平日はまだまだ空室があります! 積雪量は3月中旬まで増えていきます。里山十帖で豪雪を体験しませんか?
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

02

03

04

05

06

2017-02-25 | Posted in area activities, seasonsNo Comments » 

 

雪見露天風呂が楽しめるのは4月の上旬まで

01

昨晩からまたいい雪が降っています。
現在、里山十帖周辺の積雪は約2メートル。今回の雪はあまり積もらない予定ですが、雪見露天風呂は最高のコンディションです。
雪見露天風呂が楽しめるのは4月の上旬まで。これから3月になると天候も安定して晴れの日が多くなって来ます。しんしんと降る雪も魅力的ですが、晴れた日の絶景もまた感動的。ぜひ雪見露天風呂を楽しみに、里山十帖にお越しください。

【里山十帖 空室情報】
2月は満室ですが、3月の平日にはまだ空室があります。ぜひお越しください。

>ご予約はこちらからどうぞ

2017-02-19 | Posted in seasonsNo Comments » 

 

料理が「ほかのお店や旅館と違う」と言っていただける理由

01

里山十帖の料理が「ほかのお店や旅館と違う」と言っていただける理由。それは例えば、こんな秘密の一室にもあります。
ずらりと並んでいるのはスパイス、そして調合した自家製調味料。山菜を乾燥させて粉末にしたり、山の幸をピクルスにしたり。梅干しはもちろん、たくあんも木桶仕込みの自家製。里山十帖の漬物はぜ〜んぶ自家製です。さらに下段には発酵調味料も。「三五八漬け」などに使われる万能調味料「三五八」も自家製です。
さすがに醤油やみりんは購入していますが、それも一切添加物を使っていない、昔ながらの製法で作られたもの。主役はもちろん野菜ですが調味料は名脇役。どんなに丹精込めて作られた野菜でも、調味料がいい加減では野菜がかわいそうだからです。
「里山十帖の料理を食べると、体が浄化されていくような気がする」。
こんな感想をたくさんのお客様からいただきます。私たちにとってはとても嬉しいこと。美味しくって、体に優しい食事こそが、人間にとって最高の食事だと思うからです。でも意外とこの「美味しい」と「体にいい」の両立は難しくって、里山十帖のキッチンではいつもこの点に関して試行錯誤しています。人間にとっての「美味しい!」は砂糖や旨味、辛味、酸味などから感じることが多いわけですが、この組み合わせを強くすればするほど強烈に右脳を刺激します。つまり、現代の料理は「美味しい!」を追求するために、調味料や油、そして脂を使いすぎる傾向にあるわけですが、これはすなわち「あんまり健康的ではない」料理だったりするのです。
一方、いわゆる「健康的な料理」は、素材の味と天然の旨味を重視しますから、どうしても「美味しい!」と感じにくい料理になってしまうわけです。
里山十帖の料理テーマはその「中間」、「美味しくって体への負担が少ない料理とはなんなのか?」。
まだまだ答えにはたどり着きませんが、常に考えながら料理を作っています。食べた方にとって「美味しい」か「イマイチ」か、それは感じ方も様々ですが、この考え方が「ほかのお店や旅館と違う」と言っていただける理由なのでしょう。そして週刊ダイヤモンドで食事部門第一位に選んでいただいたのも、それが理由なんだと思っています。
今日も里山十帖のキッチンでは試行錯誤が続いています。

(漬物は八海山の純米吟醸酒粕で仕込んだ「山家漬」という地元の漬物家さんの金糸瓜などをご提供することもあります)

明日、2月16日と22日、23日に空室があります。ぜひご利用ください。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000Calendaronly.asp…

 

02

03

04

05

 

2017-02-15 | Posted in foodNo Comments »