幅允孝 × 岩佐十良トークイベント「一冊の本が町を変える。ブックディレクターのしごと」

01

すっかり風が秋らしくなってきました。日に日に稲穂も膨らんできています。さて、里山十帖、9月のイベントをあらためてご紹介します。
ブックディレクター、幅允孝さんのトークショー「一冊の本が町を変える。ブックディレクターのしごと」。
どうやって本棚を作り上げていくのか、幅さんの思考回路を探るとともに、最近、幅さんが力を入れている城崎温泉の“本による町おこし”についてもお話しを伺います。
新潟県・長野県・群馬県にお住まい、お勤めの方は日帰りもOK。トークイベントの参加だけでなく、幅さんと一緒に楽しむ夕食会にもご参加いただけます。ぜひ、ご参加ください!

里山十帖 Creators Salon vol.17 9月6日17:00〜

幅允孝 × 岩佐十良トークイベント「一冊の本が町を変える。ブックディレクターのしごと」
(弊社、クリエイティブディレクターの岩佐との対談形式を予定しております)

【SCHEDULE】
17:00〜19:00 トークイベント「一冊の本が町を変える。ブックディレクターのしごと」
19:30〜 スペシャルディナー
※参加の皆様揃っての会食形式となりますのでご了承ください。
〜22:00頃 終了予定

【宿泊のご予約はこちらから!】
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/planlist.asp

【日帰り参加をご希望の方へ】
トークイベント参加ご希望の方は、イベントページで「参加」と押してください。ディナー参加ご希望の方は、里山十帖へお電話にてお申し込みください。
https://www.facebook.com/events/1094127087301501/
日時 2016年9月6日(火)
会場 里山十帖
参加費 トークイベント 2,000円(税込) 定員20名
スペシャルディナー 12,800円(税別)定員10名
※当日のご夕食は19:30から、参加の皆様揃っての会食形式となります。
主催 株式会社自遊人 里山十帖(025-783-6777)

■BACHのおしごと
本屋さんをつくったり、本を流通させたり、本自体をつくったり…
紙に印刷されたすべての言霊や感情を、然るべき場所に届け、
あらゆる人たちにその面白さを伝えたい。
そんな気持ちに基づいて、人々が本と出会うための環境づくりに注力し、本にまつわるあらゆることを扱う活動を行っています。
代表的な場所として、国立新美術館「SOUVENIR FROM TOKYO」や「Brooklyn Parlor」、伊勢丹新宿店「ビューティアポセカリー」、 最近では、「志摩観光ホテル ザ クラシック」「トヨタ博物館」内のライブラリーなども手掛けています。

■幅允孝さん・プロフィール
1976年愛知県津島市生まれ。BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。
未知なる本を手にしてもらう機会をつくるため、本屋と異業種を結びつけたり、病院や企業ライブラリーの制作をしています。 その活動範囲は本の居場所と共に多岐にわたり、編集、執筆も手掛けています。
著書に「本なんて読まなくたっていいのだけれど、」、「幅書店の88冊」、「つかう本」。 ご本人が企画・編集を手がける出版NPO法人「本と温泉」では、兵庫県の城崎温泉に滞在した作家に物語を書いてもらい、 町の中だけで流通させるプロジェクトを行い、城崎の町おこしに一役買っています。

02

03

04

2016-08-22 | Posted in event, plans/offers 

関連記事