晩秋の料理・9品目。実はメインディッシュ。日本一のコシヒカリ。

10835303_753752944679256_4221690190828066167_o

晩秋の料理・9品目!

実はメインディッシュ。日本一のコシヒカリ。

いわずと知れた米の産地、新潟・魚沼。「魚沼のなかでも南魚沼」「南魚沼でも西山地区」、「西山でも君沢・大沢・樺野沢が極上」といわれています。西山地区というのは魚野川左岸、標高600から1000メートルの小さな山脈の麓一帯のこと。東西の幅約100メートルから1キロ、南北の延長距離は約30キロ。なかでも「抜群に煮美味しい」といわれているのが、君沢・大沢・樺野沢の周辺で、幅200メートル、延長距離は約3キロというごくわずかな地域です。
ブルゴーニュのワインに例えるならばロマネコンティのような田んぼ。収穫される米はごくわずかであるのはもちろん、「西山産」としては流通しません。

10620224_753754004679150_2006983966990370028_o

里山十帖で皆さまにご提供しているお米は、「ミシュランガイド東京」三ッ星「日本料理 かんだ」の神田裕行さんが「この米に惚れた!」という、鈴木清さんという生産者のお米。鈴木さんはオーガニックや無農薬、有機JASという規格にはまったく興味がないのですが、鈴木さんの田んぼにはタニシやカワニナがごろごろ。夏になると鈴木さんの田んぼにだけホタルが飛びます。

10628750_753753984679152_742941280829371330_o

そんなお米をさらに美味しくするために、収穫と天日干しは里山十帖&自遊人のスタッフが行っています。この行事も早10年。震災のあと天日干しをしない年もありましたが、極上の甘みと香りをさらに引き立たせるために、毎年、スタッフ総出で行っています。

10403866_753753388012545_4140961377220284009_o

もちろん保管方法も手抜かりはありません。収穫後は契約している雪室で保存。湿度100%、室温3度という雪室はお米を乾燥させず、翌年夏まで新米のような美味しさを保つのです。
そんなお米を一組ずつ土鍋で炊き上げるのが里山十帖のメインディッシュ、「日本一のコシヒカリ」。最初は炊きあがったばかりの「煮えばな」をひとくち。そして蒸らして一膳。
お腹いっぱいなのに食べられてしまう、魔力をもったお米です。

10368862_748061821915035_6759278867458505485_o

晩秋のお料理1品目「五穀豊穣 五穀の稔りと土への感謝」
https://satoyama-jujo.com/journal/plans/496/

10712507_748516331869584_5155704364280983293_o

晩秋のお料理2品目「海と山の出会い ひとくちにぎり」
https://satoyama-jujo.com/journal/plans/501/

10634071_749049298482954_2635862538066620713_o

晩秋のお料理3品目里山の椀「だしの魔力」かぶの含め煮
https://satoyama-jujo.com/journal/plans/505/

1912453_749462318441652_8054543374858241413_o

晩秋のお料理4品目「ちょっと自慢のおいしさです」佐渡の香箱ガニ
https://satoyama-jujo.com/journal/plans/512/

1956818_749769371744280_1146065074167293575_o

晩秋のお料理5品目「地味だけど滋味」。焼畑農法の赤カブ 丸ごとグリル
https://satoyama-jujo.com/journal/plans/515/

10481634_749851138402770_4142436154142063478_o

晩秋の料理・6品目「香りの王様」。香茸のへぎそばスープパスタ
https://satoyama-jujo.com/journal/plans/525/

10397053_750194245035126_2551358028546034773_o

晩秋の料理・7品目「もう少しいかがですか?」。季節の美味を少しずつ
https://satoyama-jujo.com/journal/plans/533/

10523221_752087878179096_6787611744501292416_o

晩秋の料理・8品目「森を守ろう」。もち豚の杉の香スモーク
https://satoyama-jujo.com/journal/plans/533/

【里山十帖・ご予約】www.satoyama-jujo.com
公式サイトがもっともオトクです。

2014-12-01 | Posted in blog, food 

関連記事