里山十帖の冬支度 その①

1204_01

今日はしとしと降る雨が、早朝には雪に変わりました。凛とした空気の中、湿った枯葉の香りが山に満ちています。
この季節、里山十帖のキッチンは「猛烈に忙しい」時期。なぜなら雪がドサっと降るのはもう時間の問題。11月末から12月の初旬は「降ってしまったらできない仕事」がたくさんあるのです。

その一つが沢庵漬け。気温が高いと漬けた後にぬかが腐敗してしまうため、美味しく漬かりません。そこで例年ギリギリ遅い時期に漬けるのですが、そのタイミングは高い山々に雪が降ってから。里にも雪の香りがしてくる頃。

そして先日、里山十帖でも干していた大根を木桶に漬けることができました。あとは無農薬の米ぬかと木桶に棲んでいる乳酸菌が美味しく育ててくれるはず。そして思うのは、山の空気で干した大根は格別に美味しく漬かること。たぶん、おそらく、山に棲んでいる天然酵母が干している大根の表面に付着しているからなのでしょう。里山十帖の沢庵は、味にかなり複雑味があります。

「風土に根付いたこの土地ならではの食を」。

里山十帖の冬は「発酵食&保存食」一色。色味は茶色く、地味なものばかりですが、食べることで、雪国の知恵を感じていただけると思います。

【空室情報】
来週の12/7、12/8、12/10に直前キャンセルが出ています!グループ予約だっため、今ならなんと4〜5部屋からお選びいただけます。ご家族でのご利用はもちろん、お一人様も大歓迎。
ぜひこの季節、里山の冬支度を見に、新潟・南魚沼にお越しください。
ご予約はお電話でも承っております。025-783-6777(12:00-17:00)

※2020年12月4日時点の空室情報です。

1204_02

1204_03

1204_04

1204_05

1204_06

1204_07

1204_08

2020-12-04 | Posted in food, seasons 

関連記事