重要なお知らせ。民宿2軒を引き継ぎます!

1030_01

魚沼市(旧湯之谷村)に「銀山平」という場所があります。その名の通り、江戸時代には年間4000kg以上の銀を産出した場所。あまりに秘境のため、麓の町である小出(現魚沼市)との間には8ヶ所の宿場があったといいます。

江戸末期に閉山後は静かな秘境に戻りますが、その後、昭和28年に電源開発による「奥只見ダム」の建設が始まり、再び脚光を浴びます。奥只見ダムの完成は昭和37年。あの黒部ダムの完成より一年早く完成したダムで、当時の発電量は黒部ダムの25万kwより多い36万kw。この数字を見るだけで、いかに大規模なダムであるかがわかると思います。

それはすなわち「とんでもない秘境」であるということ。黒部立山アルペンルートは秘境を切り拓いた観光地として有名ですが、この銀山平も黒部立山に劣らない山奥の「秘境」。銀山平の奥にはあの尾瀬が広がっているのですが、立山を尾瀬、奥只見湖を黒部湖と考えていただくと、イメージが湧くかと思います。

アクセス路は黒部立山の扇沢側と同じで、山に掘られた長い、長い、長いトンネル。「よくぞまぁ、こんなトンネルを掘ったものだ」と誰もが感心するに違いありません。

黒部立山との違いは、あちらは一般車通行止ですが、銀山平へ続く奥只見シルバーラインは無料で自家用車が通行できること。とんでもない秘境に車で到達できるのが「銀山平」なのです。

その銀山平には6軒の温泉民宿があったのですが、このご時世、他の地域同様、後継者のいない宿が少なくありません。しかも黒部立山アルペンルートのような秘境。景観は素晴らしいのですが、自然環境は厳しく、冬は6〜8メートルの雪に閉ざされます。冬季は営業不可能なので営業効率も悪く、余計に後継者が現れないのです。

そんな銀山平の民宿の一軒「村杉」から一通のメールをいただいたのが今年の1月。「村杉」といえば、あの開高健の定宿としても有名な宿です。

下記がそのメールの一部抜粋。

「当宿エリアも後継者がおらず、閉鎖へ向かいつつありますので、そちらでの利用が可能かこ検討頂けないでしょうか?
百名山や釣り人など、それなりに利用はありますが、家族経営で来たために、高齢化へ向かい後継者がいない宿から閉鎖に向かっています。
出来れば後継出来る方に転売したいとは思いますが、直ぐには見つからず、すでに実績のある御社でご利用価値がないかご検討いただけないでしょうか?」

さて、前置きが超長くなりました。

ここまで読んでいただければ察しがつくと思いますが、この度、正式に「村杉」を私たち里山十帖(自遊人)で引き継ぐことになりました。そして話を進めている途中で隣のもう一軒「白光」も引き継ぐことなりました。(あわせて母屋2棟とログハウス6棟)

2軒の民宿は里山十帖とはまた違った、ファミリーや若い人たちが気軽に楽しめる、手軽なグランピングリゾートに変えていきたいと思っています。

黒部立山に引けを取らない大自然。すぐ先は尾瀬、目の前には越後駒ケ岳、中ノ岳、荒沢岳の絶景が広がります。まるで上高地のような絶景。なのに誰にも知られていない秘境。すぐ近くの枝折峠の滝雲も最近では有名になってきました。

正式に引き継ぐことは決まりましたが、秘境「銀山平」は11月末になると全ての宿が冬支度をして営業を終了します。再オープンは来年4月中旬。私たちが引き継ぐ「村杉」と「白光」も来年春から営業を再開して、同時に少しずつ工事を進め、2020年夏にグランドオープンを目指したいと思っています。

里山十帖からは車で約1時間(ちょっと)。ぜひぜひ来年の春以降は里山十帖と銀山平の「転泊」をしていただければ幸いです。

そして。同時に銀山平で働いてくれるスタッフを大募集中です。山の宿、アウトドアの宿です。里山十帖とは違って、アウトドアアクティビティーがメインの宿。スキー、スノーボード、山、自転車等々が好きなスタッフを大募集中です。

銀山平は冬季閉鎖ですから、冬は魚沼各地のスキー場でスクール講師として、またはバックカントリーガイドとして働いて、「夏だけ勤務」という形態も大歓迎。里山十帖とは違うラフなサービススタイルを目指していますので、「ホテルのような接客は無理かも」と思っている方でも大丈夫です。

もちろん春から秋は銀山平、冬は里山十帖という働き方も大歓迎。銀山平の魅力、尾瀬の魅力を知っている方(知らない方も)、ぜひご応募ください。よろしくお願いします。

ちなみに写真は1ヶ月ほど前に撮った写真。現在は紅葉真っ盛り。素晴らしい景観が楽しめます。

代表取締役
岩佐十良

1030_02

1030_03

1030_04

1030_05

1030_06

1030_07

2019-10-30 | Posted in information 

関連記事