眼下に紅葉の絨毯を望む

1029-2_01

標高1000メートル以上の紅葉は終了。苗場山や谷川岳、八海山のトレッキングルート上の紅葉はほぼ終了しています。でも今の季節だからこその楽しみ方、それが「眼下に紅葉の絨毯を眺めること」。

写真は先週日曜日の八海山・不動岳山頂からの景色。眼下は真っ赤な紅葉の絨毯で、まるで自分が鳥になったかのような気持ちに。紅葉のトンネルを歩くのも気持ちいいものですが、眼下に眺めるのもまた別格です。

八海山の山頂へは八海山ロープウェイの山頂駅からゆっくり歩いて2時間30分ほど。八ツ峰と呼ばれる山頂付近は上級者向きですが、その手前、千本檜小屋と薬師岳山頂までなら、小学生の子供でも簡単に登ることができます。

もちろんロープウェイの山頂駅付近から眼下に紅葉を眺めることも。山頂駅にはウッドデッキ+移動販売カフェがあって、コーヒーを飲みながら南魚沼を一望することができます。

【現在の紅葉状況】
現在、紅葉のピークは標高600-900メートル付近。八海山ロープウェイだと中腹よりちょっと上が見頃になっています。
ドラゴンドラから眺める紅葉はほぼ終了。山麓駅近くのボードウォークが現在は見頃です。湯沢高原ロープウェイも山頂付近は終了しています。

現在、見頃なのは、大源太湖、飯士山、肘折峠の手前など。来週は里山十帖のオススメ「トレッキング湯沢1」のブナ林が見頃を迎えそうです。そして里山十帖周辺が見頃を迎えるのは11月10日前後と予想。その後、11月15日〜20日頃に美人林のブナ林が見頃を迎えそうです。

【里山十帖 空室情報】
今週、来週の平日に数室の空室があります。毎日、少しずつ埋まっていますので、できるだけ早くご予約ください。
http://www.satoyama-jujo.com

※2018年10月29日時点の空室情報です。

1029-2_02

1029-2_03

1029-2_04

1029-2_05

1029-2_06

1029-2_07

1029-2_08

1029-2_09

1029-2_10

2018-10-29 | Posted in area guide, seasons 

関連記事