里山十帖の冬の名物「ブリしゃぶ」

1217_01

今年は寒ブリの水揚げが早く、すでに11月から13キロ前後のブリが揚がっています。里山十帖にも数日に一度、佐渡から丸ごと一本のブリが届きます。しかも今年は脂の乗りが異常なほど強い! 刺身で食べても最高に美味しいのですが、里山十帖ではあえて焼き物に。いいブリほど焼くと美味しいのです。

そして。里山十帖の冬の名物になりつつあるのが、「雪中熟成」させた「ブリしゃぶ」。

一般的に寒ブリは熟成にむかないと言われています。その理由は変色してしまうから。ところが雪の中で熟成させるとまったく変色せずに柔らかく、しかも旨味が増していくのです。雪の中は温度が一定な上に湿度100%。さらに酸素が少ないため、理想的に熟成が進んでいきます。

丸ごと一本のブリを届いてから数日間、雪の中に突っ込んでおくのですが、これは東京はもちろん新潟市内のお店でも絶対にできないこと。豪雪地、魚沼だからこそ、「冬の恵み」です。

「ブリしゃぶ」はオプションで1人前5000円。半分は刺身の状態で食べて欲しい特別なブリ。半分以上を生で食べて、数枚をしゃぶしゃぶされるお客様がほとんどです。一人前8枚。ご予約は一週間前までお願いします(数日前でもご用意できることもあります)。

【里山十帖 空室情報】
12/21、22、25、26、1/1、5、6にそれぞれ1室ずつの空室が出ています。ぜひご利用ください。
https://goo.gl/zmggDu

1217_02

1217_03

1217_04

1217_05

 

2017-12-17 | Posted in food 

関連記事