メインディッシュ

0303-2_01

九品目はいよいよメインディッシュ。里山十帖のメインディッシュはA5の和牛でも、何かのフォアグラ乗せでもトリュフ山盛りでもありません。

「炊きたてのお米」。これがメインディッシュ。里山十帖のある南魚沼市大沢山は、「お米のロマネコンティ」とも言える極上のお米が育つ地域。「新潟でも魚沼」「魚沼でも南魚沼」「南魚沼でも西山」「西山でも君沢・大沢・樺の沢」と言われているのですが、その大沢の源流部が里山十帖のある大沢山温泉なのです。

ご飯のお供になる漬物は全て自家製。味噌も契約醸造です。

ちなみに先日のニュースで、魚沼産コシヒカリが初めて「特A」から降格したとありましたが、「特A」落ちは天候不順による不生育の「見た目」が強く影響。それにプラスして、ちょっとした政治力も影響しているような気がします。

平野部のお米は天候不順の影響が強いのですが、山間部で育ったお米、地力の高い田んぼで育ったお米は収穫量こそ減っているものの、味は例年並み。他の「特A」地域と比べて味が悪いとは到底思えません。

ということで、本物の魚沼産コシヒカリを味わいにきてくださいね!

2018-03-03 | Posted in food, seasons 

関連記事