ふきのとう合宿・2

0420_01

里山十帖恒例の「ふきのとう合宿」。きれいに水で洗ったあとは細かく刻んで鍋へ。酒と油で軽く炒めた味噌と合わせます。
酒は鶴齢の純米吟醸。「こんないい酒を?」と聞かれるのですが、実は里山十帖の料理酒の定番。

添加物はもちろん、砂糖も一切使わない里山十帖の料理は、ひとつひとつの調味料の味が超重要。いいお酒を使うと味がぐっと引き立ちます。

出来上がった蕗味噌は瓶詰めして保存。作りたてよりも3ヶ月くらい経って、味噌とふきのとうの味が馴染んだほうが美味しくなります。なので「ふき味噌」がいちばん美味しいのは夏以降なのですが、今はちょうど、昨年仕込んで熟成したものとフレッシュなもの両方があります。それらを料理に使い分けたりして。

今年は早くも山菜シーズン本番。ぜひ里山十帖へお越しください。

0420_02

0420_03

0420_04

0420_05

2018-04-20 | Posted in food, seasons 

関連記事