なんで同じ雑誌がたくさん置いてあるんですか?

01

「なんで同じ雑誌がたくさん置いてあるんですか?」
そんなご質問をよくいただきます。
これは本当に嬉しいことなのですが、オープンしてまだ2年半、里山十帖にお泊まりのほとんどの方は「ご紹介」です。
「いい宿、見つけたよ」とご紹介くださるので、雑誌のことはほとんどお話されません。とくにご紹介のご紹介になると、お客様が雑誌のことをご存じないのは当然なわけです。

ということで、里山十帖のフェイスブックをご覧いただいている方にちょっと自己紹介を。
実は里山十帖では雑誌も出しております。雑誌と言っても発行は年4回。書店で売っていますが、広告もほとんど入っていませんし、取材したいものを取材して思ったままのことを書いているので、ほぼ同人誌です。

そして9月26日、次の号が発売されます。今回のテーマは「街づくり」。アメリカ・ポートランド、スペイン・サンセバスチャンという2つの先進都市に、街づくりのヒントを学ぼうという特集です。
日本では「地方創生」が流行語になりそうな勢いですが、実際のところはかなり「ブーム化」の懸念があります。
今回の号は「地方に住むすべての人」、そして「都会に住みながら自分の田舎の凋落に嘆く人」に読んでいただき、少しでも「真の地方創生」の参考になれば、と思い、制作しました。

雑誌「自遊人」。ぜひ、書店で見かけたら、ぜひ手に取ってみてください。

クリエイティブ・ディレクター 岩佐十良

【里山十帖のご予約は】
10月第一週に空室があります。そして10月第2週から10月いっぱいは平日も空室が少なくなってきました。ちなみに里山の紅葉は11月に入ってから。11月中旬が見頃です!
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver…/ASPY0000calendaronly.asp…

02

03

04

05

06

07

2016-09-22 | Posted in about, blog 

関連記事